南シナ海 違法漁船対策で海保とベトナム海上警察が合同訓練 – NHK

Home » ショップ » » 南シナ海 違法漁船対策で海保とベトナム海上警察が合同訓練 – NHK
コメントはまだありません

中国が南シナ海での海洋進出の動きを強める中、中国をはじめとした外国漁船による違法操業に対応しようと、ベトナム中部のダナンで16日、日本の海上保安庁とベトナムの海上警察による合同の訓練が行われました。

この訓練は、中国などの外国漁船による領海での違法な操業が相次いでいるベトナム側からの要望に基づいて初めて行われました。

南シナ海に面するベトナム中部のダナンの沖合で行われた16日の訓練には、海上保安庁の巡視船「えちご」や、ベトナム海上警察におととし日本から供与された巡視船が参加しました。

訓練では双方の船に互いの担当者が乗り込み、違法操業をしている漁船を発見した場合は、まず、写真や動画で証拠を押さえたうえで船を止めるよう求めることなど、法に基づいた対応の必要性について、1つ1つ確認していました。

中国が南シナ海での海洋進出の動きを強める中、日本はこれまでに中古の巡視船7隻をベトナムに供与しているほか、今月、日本を訪れたフック首相と安倍総理大臣の間で、新たに建造する巡視船6隻を供与することで合意するなど、日本とベトナムは協力の強化を進めています。

海上保安庁の足立基成国際・危機管理官は「あらゆる脅威に対して、日本とベトナムで、海上保安機関どうしがしっかり連携して訓練をやることで、自由で安定して開かれた海洋、そして、この地域の平和や繁栄につなげていきたい」と話していました。

コメントを残す