“人にも環境にも優しく世界を救うバナナペーパーの熨斗サービス”を実施 … – 時事通信

Home » リユース » “人にも環境にも優しく世界を救うバナナペーパーの熨斗サービス”を実施 … – 時事通信
リユース コメントはまだありません

[株式会社ラッシュジャパン]

~日頃の感謝と思いやりの気持ちを込めて。サマーギフトのご提案~

フレッシュハンドメイドコスメ LUSH(ラッシュ)は、お中元のシーズンに向け、バナナペーパーの熨斗サービスを2017年6月19日(月)より全国の店舗及びオンラインストアで実施いたします。

創立以来ラッシュは、人間、動物、自然、すべてが幸福に暮らせる世界を目指し、環境活動をはじめ様々なエシカルな取り組みを行っています。パッケージにも、環境へ配慮したバナナペーパーの包装紙、100%リサイクル素材のサテンリボン、リユースを楽しめる風呂敷(Knot Wrap)など地球に優しいラッピングをご提案しています。

この度、日本の伝統文化に根付いたお中元という大切な習慣を通して、ラッシュの環境への取り組みやエシカルな想いをお伝えするために、初の試みとして、バナナペーパーの熨斗紙を導入することになりました。

プレスリリースはこちら
https://prtimes.jp/a/?f=d6160-20170615-7512.pdf

■熨斗紙の材料、バナナペーパーとは?
日本の和紙技術とアフリカの村でとれる有機バナナの茎からとった繊維と古紙を混ぜて作られるmade in japan
の紙です。
バナナは、収穫するときに新しい果実を育てるために、古い茎を切らなければなりません。これらの茎は通常廃棄されるものですが、バナナペーパーにすることでリサイクルができます。世界中のバナナの木からとれる茎で紙を作れば、紙のための森林伐採をストップできると言われています。
また生産現場であるザンビアでの大きな雇用源となり、経済的支援に繋がっています。

世界の森林や野生動物の減少など環境問題と、途上国の貧困といった社会課題の解決を目指すバナナペーパーの正式商品名は、One Planet Paper(R)(ワンプラネット・ペーパー(R))です。
バナナペーパーの生産者である株式会社ワンプラネット・カフェは、持続可能な発展(Sustainable Development)の実現に向け、環境問題や貧困問題を解決する事業開発、事業支援を行っています。

なお、バナナペーパーは2016年に、紙業界では日本初となるフェアトレード認証 (WFTO 世界フェアトレード機関)を取得しています。

■環境などに配慮したラッシュのギフトラッピング
・Knot Wrap(ノットラップ)
日本で古来から伝統的に使われている風呂敷にインスピレーションを受けて誕生したノットラップ。リユースできるギフトラッピングとしても、美しいスカーフとしても大活躍するアイテムで、 贈る相手にぴったりの絵柄を選んでバスボムなどを包めば素敵なプレゼントが出来上がります。

・ハンドメイドペーパー
女性の社会進出に課題が多く、賃金も男性よりも低いインドとネパールの女性たちが作っているロクタという植物の繊維を用いたハンドメイドのラッピングペーパー。このハンドメイドペーパーの採用により、女性たちの雇用を創出し、現地の女性の支援となっています。

*Tシャツの生地や麻袋をリサイクルして作られた紙、トウモロコシ由来のコーンスターチで作られた緩衝材など
エコロジーなパッケージを積極的に取り入れています。

<ご参考>
バナナペーパーの生産者である株式会社ワンプラネット・カフェ http://oneplanetcafe.com/paper/
バナナペーパーに関するラッシュの活動 https://jn.lush.com/article/banana-paper-event

企業プレスリリース詳細へ (2017/06/16-10:20)

コメントを残す