中古ショップ クラブ選びの強い味方とは? – ゴルフダイジェスト・オンライン

Home » ショップ » ゴルフクラブ » 中古ショップ クラブ選びの強い味方とは? – ゴルフダイジェスト・オンライン
ゴルフクラブ コメントはまだありません



ゴルフギアの“新品ショップ”と“中古ショップ”の違いを考えたことがあるだろうか?新品ショップには、当然のことながら、最新モデルから過去3年ほどの間に発売されたクラブが並んでいる。

一方、中古ショップに並ぶのは、最新モデルより過去のクラブの方が圧倒的に多く、購入を検討する場合には、それらの商品の情報が知りたくなる。

そんな時にクラブ選びの強い味方となるのが、GDOの「ギアカタログ」だ。最新モデルはもちろん、10年近く前に発売されたクラブのスペックや評価、ユーザーレビューなども見ることができるからだ。

この「ギアカタログ」の“スペック”をチェックしてみてほしい。ここにはかなり細かい実測のクラブスペックなどが掲載されている。 この実測データを参考にすると、クラブ選びがかなり楽になるのだ。例えば、ボールが上がりやすいドライバーを探すのであれば、メーカー公表値の“ロフト角”よりも、実測値である“リアルロフト角”の数値が大きいドライバーをチェックしてみる。

試しに「テーラーメイド グローレ F2 ドライバー」のスペックを見てみよう。メーカー公表値の“ロフト角”は10.5度だが、“リアルロフト角”は13.1度と、リアルロフト角がかなり大きい。さらに、ボールのつかまりの目安となる“フェース角”がL0.6度と気持ちフックフェースなので、ボールが上がりやすく気持ちよくつかまる、スライサー向けのドライバーであることがわかる。

中古ショップでのクラブ購入に迷ったら、GDOの「ギアカタログ」をチェックしてみよう。クラブ選びの強い味方になってくれるだろう。





コメントを残す