買い取ってもらった中古携帯、個人情報はどうなる? – BIGLOBEニュース – BIGLOBEニュース

Home » ショップ » タブレット端末 » 買い取ってもらった中古携帯、個人情報はどうなる? – BIGLOBEニュース – BIGLOBEニュース
タブレット端末 コメントはまだありません



 MMD研究所が4月27日に発表した「2017年中古端末に関する購買動向調査」の結果によると、以前利用していた携帯電話・スマートフォン(スマホ)の処分は、「そのまま持っている」と答えた人が55.0%で最も多く、「キャリアの下取りプランに出した」人が25.8%、「中古買い取り店に買い取ってもらった」人が3.9%となっています。2016年対比だと下取りが8.9%増加しており、下取りが浸透し始めているのが分かります。
 一方、そのまま持っている55.0%のユーザーに理由(複数回答)を聞いたところ、約4割の36.9%が、「個人情報が心配で手放せない」ということでした。
 この背景にあると推測されるのが、個人情報保護への意識が格段に上がったことと、スマホ内に入っている個人情報がフィーチャーフォン(ガラケー)よりも量質ともに増えていることです。
 ガラケー内の個人情報といえば、
・アドレス帳
・SMSメール送受信履歴
・写真画像
・メモ帳
 だったのに対し、スマホには、
・アドレス帳
・メールアドレス
・SMSメール送受信履歴
・MMSメール送受信履歴(キャリアメール)
・LINEやインスタグラム、FacebookなどのSNS情報
・写真画像
・メモ帳
・インターネット閲覧履歴
・FeliCaデータ
・各種サイトのIDやパスワード
 など、多くの非常に重要な個人情報データが入っています。また、スマートフォンをリセットしても、専用ツールで復元できてしまうので、リセットだけでは情報漏えい対策は不十分といえます。アドレス帳やメールアドレス、写真が情報漏えいするだけでも怖いですが、さらに怖いのが下記の写真です。
 SNSや写真画像にはGPS機能が搭載されているため、よく行く場所や駅などの行動がばれてしまう可能性があります。
 国産のスマホデータ消去ソフト「Braver Erasure」を設計開発している企業に確認したところ、これらのデータからスマホ所有者の住んでいる場所、勤めている会社や誕生日、家族や友人関係など分かる可能性があるとのことでした。万が一これらのデータが漏えいすると……考えるだけで背筋がぞっとしますね。
 これらの個人情報をうまく処理する方法はないのでしょうか?

●携帯電話の個人情報を消去する方法

 携帯電話内の個人情報データを消去する方法は2つあります。1つ目が、「データ上書き」です。記憶媒体の記憶領域に対して無意味なデータを上書きします(iOSやAndroid OSなどのOS領域には書き込みされません)。
 2つ目が「データ物理破壊」です。個人情報データが格納されている電子基板を液晶ごと破壊します。
 両社をユーザー視点でまとめてみました。
・データ上書き
・データ漏えいリスク
・少ない。ソフトウェアでのデータ上書きとなるため、ソフトウェアによっては、ソースのバグ等により正常に上書き消去できない可能性あり
買い取り価格
・再販できるため、高い値段で業者へ売却できる
・データ物理破壊
・データ漏えいリスク
・ほぼなし。データが格納されているメインメモリやストレージ、フラッシュなどを確実に破壊されていれば問題なし
買い取り価格
・部品としての買い取りになるため1台100円前後に
 ここで、スマホ以上に個人情報が搭載されているPCと比較してみましょう。
 PCの場合には、磁気力でHDDを破壊しますが、スマホにはありません。
 スマートフォンの場合、高く買い取ってもらう点では、データの上書きの方が得策ですが、実際に上書き消去されているのか分からないので不安という方もいるでしょう。不安な方は、データ消去証明書を発行してもらってください。業者によっては発行しています。

●中古携帯業者の取り組み

 実際の中古携帯買い取り業者は、どのようにデータを削除しているのでしょうか? ヒアリングした会社は下記の通りです。
・ゲオ
 年間100万台の買い取り実績があり、全国1400拠点を超える店舗を構えている。
・ブックオフコーポレーション
 ブックオフグループは、「リユースのインフラになる」「リユースを当たり前にする」を企業ミッションとして掲げ、書籍・パッケージメディア、アパレル・家電等の総合リユース事業を運営。また、EC事業としてブックオフオンラインが通販、宅配買取りサービスを行っている。
・パシフィックネット
 企業向けIT機器のLCMサービスを展開。処分サービスでは、撤去、データ消去、レポート発行、リユースを行い、情報漏えい防止と環境保全、コストカットを支援。東証二部上場。
・ネオリア
 中古携帯電話の買い取り・販売事業を運営。培った技術と経験を自社開発のシステムに集約。新たに中古携帯ビジネスへ参入を図る企業に、買い取りシステム(検査アプリ、消去アプリ、査定システム)を提供している。
 それでは、各社の事例を紹介します。
・ゲオ
 店頭で買取った携帯電話を全国5拠点にある流通センタ—でデータ上書き消去しています。
・ブックオフコーポレーション
1.端末データを消去
 データの初期化を行っても携帯の奥深くに残ってしまうデータを、専用ソフトで全て消去します。
2.データの上書き
 不正な動作を行ってもデータが読み取られないようにダミーデータで上書きを行い、プロテクトを施します。
3.万全のチェック体制
 データ消去を行った作業者と別のスタッフが、確実にデータが消去されたかどうかをチェックします。
・パシフィックネット
 最大50台のスマートフォン、タブレットを同時並列消去。消去レポートの発行も可能です。上書き消去ができない端末は、破砕機で粉々にし、リサイクルされます。
・ネオリア
 専門業者用データ消去ソフトに加え、自社の独自開発による上書き消去ソフトを完備。より確実なデータ消去を追求しています。消去ソフトが使用できない商品は、破壊や溶解処理を施し、リユース販売は行わず、資源としてリサイクルします。
 最後に、当社です。
・携帯市場
 買い取った携帯電話は、写真のようにデータを上書き消去します。再販不可商品は、粉々に粉砕しています。データ消去証明書も発行可能です。出張買い取りおよび出張データ消去も行っています。
 今回は、買取った中古端末のその後というテーマを紹介しました。自分の大切なスマホは、上記のようなデータ消去を行っている業者に買い取ってもらうのが安心です。

●著者プロフィール

粟津浜一
株式会社携帯市場 代表取締役
 1979年岐阜県生まれ。2004年筑波大学大学院理工学研究科修士課程修了。その後ブラザー工業にて、さまざまな研究開発業務に従事。2009年株式会社アワーズ設立、社長に就任。2017年株式会社携帯市場に社名変更。中古携帯を日本中に文化として広めることをビジョンとして、中古携帯市場動向セミナー、事業説明セミナーを行い、これまでに1000以上の店舗に中古携帯事業を展開、コンサルティングを行っている。

コメントを残す