田中 道子さん(女優) 実家に菜園「恵まれてた」 野菜不足は お肌の大敵 – 日本農業新聞

Home » リデュース » 田中 道子さん(女優) 実家に菜園「恵まれてた」 野菜不足は お肌の大敵 – 日本農業新聞
リデュース コメントはまだありません

 身は、静岡県浜松市。でも、市の中心部から車で40分くらいかかる田舎です。小学校の校庭にイノシシが出て来るくらい。普通の民家がわなを仕掛けてイノシシを捕まえて、肉を干して薫製にしたり、鍋にして食べたりしていました。

 うちの庭もある程度の広さがありましたので、そこで野菜や果物を作っていました。ネギ、シソ、トマト、イチゴ。サクランボの木もありました。

 23歳で上京して、それまで実家で普通に食べていた野菜や果物がどんなにおいしいか、自分がどんなに恵まれていたのか分かりました。ジネンジョ、メロン、それに「アメーラ」トマト! 遠州弁では、言葉の後に「らー」と付けるんです。「あめーら」は「甘い」という意味ですね。

 私はミス・ワールド日本代表に選ばれ、ミスコンの本選のためバリ島で1カ月間も過ごしました。そんな長い期間ですから、食が合わないと持たないと思い、しょうゆ、みそ、マヨネーズ、ポン酢とカップラーメンを持って行ったんです。

 でも意外なことに、バリで出された食事は身体に合っていました。持って行った調味料もカップラーメンもほとんど使わずに済みました。130カ国のミスが集まるので、かなりケアされた料理が用意されていたから。ビュッフェスタイルで好きな料理を選ぶんですけど、ベジタリアンが多かったため、野菜は取り合いになっていました。

 余談ですが、コンテストが進むにつれて、皆、つけまつげが足りなくなって困っていました。ステージ映えするためのつけまつげを大量に持って行ったんですが、それでも足りなくなって。というのも、朝に水着で審査して、昼のスポーツ審査でまつげが落ちて、夜にスピーチ審査があるのでまたまつげを付けて……といった感じなんです。それでつけまつげの物々交換が行われていました。

 ある国の子が、私の部屋を訪ねてきました。それまで全然話したこともない、知らない子。彼女は、私がカップラーメンを持っているということを聞きつけたそうで、つけまつげと交換してくれないかと頼んできたんです。まだ食べたことがないから、と。交換したら、めっちゃ喜んでました(笑)。

 少し前に、写真集撮影のため再びバリ島に行きました。5日間の滞在でしたが、びっくりしたことに野菜が全くないんです。どうもバリ島の郷土料理では、野菜を食べる習慣がないようなんです。

 その代わり果物は充実してたので、そちらを食べるようにしました。生まれて初めて食べたライチがおいしかったし、他にも見たことのないようなものがたくさんあって。

 でも野菜がとれない食事は、身体に合わなかったんでしょう。3日目には肌が荒れて大変でした。それに繊維不足のせいか、私、めったに便秘にならないのに・・・。野菜が欲しい! 禁断症状が出ましたね。

 段から野菜を中心に、なるべくバランス良く食事するようにしています。和食が大好きで、味は薄めが好みです。炭水化物抜きダイエットをやったことがありますが、イライラし、肌も荒れました。炭水化物も大事です。

 モデル時代から1日1食の暮らしが長かったんです。夜しか食べない。女優になってからは朝と昼の間に、少し食べるよう心掛けていますが。食事の回数が少ない分だけ、一食一食がすごく大事。それで食材の質にこだわっています。質の高いお米や野菜を作る農家の方々に感謝しながらいただいています。(聞き手・菊地武顕)

<プロフィル> たなか みちこ

 1989年静岡県出身。ミス・ワールド2013日本代表。モデルとして活躍してきたが、昨年女優に転身。放送中のドラマ「貴族探偵」で、鑑識員・冬樹和泉を演じている。現在、バリ島で撮影した写真集『M』(ワニブックス)が発売中。

コメントを残す