難民キャンプに古着を送ろう!第25回古着支援プロジェクト6月1日(木)~12日(月)に実施 – BIGLOBEニュース

Home » ショップ » 古着・衣類 » 難民キャンプに古着を送ろう!第25回古着支援プロジェクト6月1日(木)~12日(月)に実施 – BIGLOBEニュース
古着・衣類 コメントはまだありません





国際協力NGOわかちあいプロジェクト(一般社団法人、住所:東京都江東区、代表:松木傑)は、2017年6月1日(木)〜12日(月)の間にわたり、衣類の不足している途上国の難民に衣類を送るため、不要になった古着の寄付と、衣類を届けるための輸送や通関などの事業実施費用にあてる寄付金を募っています。日本で暮らす方々から、家庭に眠っている服や靴を、寄付金と合わせてご提供いただき、紛争などで避難生活を余儀なくされている難民への支援として送ります。

[画像1: https://prtimes.jp/i/11711/39/resize/d11711-39-678981-0.jpg ]

わかちあいプロジェクトは1993年、ソマリア難民救援のために古着支援プロジェクトを開始しました。以来、毎年このプロジェクトを実施しており、第25回となる今年は、隣国のブルンジやコンゴの情勢悪化により、多くの難民を受け入れているタンザニアの難民キャンプに衣類を送ります。現地受入団体のTCRSは、各国の支援団体や国際機関から物資協力を得て、難民の生活を支えています。故郷へ帰れず避難生活を余儀なくされている人々は、十分に衣料を手に入れることができず、日本から届けられる質のよい服や靴は、難民の人々の大きな助けとなります。

◆ 第25回古着支援プロジェクト 概要
実施期間: 2017年6月1日(木)〜6月12日(月)※必着
募集内容: 動きやすい普段着を中心に、大人用/子ども用、夏物/冬物を問わず募集
例)ズボン、Tシャツ、Yシャツ、トレーナー、ジャージ、カーディガン、セーターなど
送付方法: 衣料はクリーニングするか、洗濯してアイロンがけをしたものを
ダンボール箱(サイズ上限:縦・横・高さの合計150cm以内)に入れて送付
送付先: 〒140-0003 東京都品川区八潮2-9 商船三井大井物流センター1F
       (株)宇徳 内 わかちあいプロジェクト (TEL:03-3634-7809)
寄付方法: 古着ダンボール箱1つにつき1500円の寄付が必要
郵便振替「一般社団法人わかちあいプロジェクト募金」(00120-4-386390)
クレジットカードの場合、わかちあいプロジェクトのオンラインショップより決済
http://fairselect.jp/
※詳しくは「第25回古着支援プロジェクト 募集要項」を参照
ダウンロード⇒ http://www.wakachiai.com/clothes/
[画像2: https://prtimes.jp/i/11711/39/resize/d11711-39-589081-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/11711/39/resize/d11711-39-317252-2.jpg ]

【わかちあいプロジェクトとは】
フェアトレード、難民支援、自立支援の活動を通して、開発途上国の人々を支える国際協力NGOです。
1993年より継続的に難民支援活動に取り組み、現在までアジアやアフリカ、中東の難民生活を余儀なくされる人々を支援しています。
団体ウェブサイト:http://www.wakachiai.com/
フェアトレード・ショップ:http://fairselect.jp/





コメントを残す