ソニー、4K動画取り込みやSeeQVaultに対応したBDレコーダー5機種 – 価格.com

Home » ショップ » CD・DVD・レコード » ソニー、4K動画取り込みやSeeQVaultに対応したBDレコーダー5機種 – 価格.com
CD・DVD・レコード コメントはまだありません




ソニー、4K動画取り込みやSeeQVaultに対応したBDレコーダー5機種

2017年5月31日 17:57掲載

ソニーは、ブルーレイレコーダーの新製品として、3チューナー搭載の3TBモデル「BDZ-ZT3500」、2TBモデル「BDZ-ZT2500」、1TBモデル「BDZ-ZT1500」、2チューナー搭載の1TBモデル「BDZ-ZW1500」と500GBモデル「BDZ-ZW550」の計5機種を発表。3チューナー搭載モデル3機種を7月8日より、2チューナー搭載モデル2機種を6月24日よりより発売する。

いずれも、同社製デジタルビデオカメラ「4Kハンディカム」で撮影した動画の取り込みに対応し、4K解像度で再生することが可能だ。また、新たに「SeeQVault」に対応。独自機能として、本機に登録したSeeQVault対応の外付けHDDへの直接録画が可能となり、容量拡張と、新たな買い替えに備えたデータのバックアップの2つの役割を担うことができる。

録画機能では、「番組名予約」や「おまかせ・まる録」なども引き続き搭載。「予約ランキング」は、最大20番組までの表示に拡大した。操作性では、番組表や録画リストの表示速度が向上し、より快適に使用することが可能。動画の編集機能も強化され、タイトル分割やタイトル結合、プレイリスト機能が追加されている。

音質面では、ハイレゾ音源の再生に対応するほか、ホームネットワーク経由でFLAC/WAV/AAC/MP3の音楽ファイルを取り込み、再生することが可能だ。CD音源や圧縮音源などをアップスケーリングする「DSEE HX」にも対応し、音楽番組など放送録画の音質も向上する。

このほか、液晶テレビ「4Kブラビア」の性能を引き出し高画質を実現する「4Kブラビアモード」を引き続き搭載。モバイル端末との連携では、外出先からの録画予約や、録画した番組を、ネットワークを通じてどこでも視聴可能なAndroid/iOS端末向けアプリケーション「Video & TV SideView」を提供する。

市場想定価格は、「BDZ-ZT3500」が100,000円前後、「BDZ-ZT2500」が83,000円前後、「BDZ-ZT1500」が70,000円前後、「BDZ-ZW1500」が60,000円前後、「BDZ-ZW550」が50,000円前後(いずれも税別)。

なお、2016年モデルのブルーレイレコーダー「BDZ-ZT2000」「BDZ-ZT1000」「BDZ-ZW1000」「BDZ-ZW500」の4機種においても、本体ソフトウェアアップデートを実施することで、「SeeQVault対応」「編集機能(タイトル分割/タイトル結合/プレイリスト)」「本体操作性向上」などの機能に対応する。アップデート時期は2017年7月中を予定している。

■関連リンク

【新製品ニュース】ソニー、UI一新やUSB 3.0に対応したBDレコーダー4機種

価格comで最新価格・クチコミをチェック!



関連コンテンツ

ブルーレイ・DVDレコーダー関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト




コメントを残す