10歳未満の男児に脳死判定 臓器移植へ家族決断 – テレビ朝日

Home » 質流れ品 » 10歳未満の男児に脳死判定 臓器移植へ家族決断 – テレビ朝日
質流れ品 コメントはまだありません



 埼玉県内の病院で治療を受けていた10歳未満の男の子が脳死と判定され、心臓や肝臓などが臓器移植されることが分かりました。

 日本臓器移植ネットワークあっせん事業部・大宮かおり副部長:「ご家族の総意として脳死下での臓器提供を決断され、承諾をされました」
 日本臓器移植ネットワークによりますと、脳死と判定されたのは、頭にけがをして埼玉県内の病院で治療を受けていた6歳以上10歳未満の男の子です。20日、家族が臓器提供の意向を伝え、21日午後7時すぎ、脳死と判定されました。22日に臓器を摘出し、肝臓は10歳未満の女の子に、心臓、肺、膵臓(すいぞう)、腎臓も50代の女性などにそれぞれ移植される予定です。男の子の家族は、「息子から生きたいと思う意志を強く感じ、臓器提供を決断しました」と話しています。7年前に施行された改正臓器移植法で15歳未満の臓器移植が認められてから、13例目となります。





コメントを残す