ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 【Modulo Xの走りを知る <PR>】 – webCG

Home » ショップ » ピアノ » ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 【Modulo Xの走りを知る <PR>】 – webCG
ピアノ コメントはまだありません



「モデューロ」と「モデューロX」

ホンダファンやホンダ車オーナーにとって、モデューロはおなじみの名前だ。ホンダの100%子会社であるホンダアクセスが手がける純正カスタマイズブランドで、スポーティーな走りやスタイリッシュなデザインを求めるユーザーに向けて、さまざまなアイテムを提供している。一方、日本で人気のレース「SUPER GT」で、その名前を冠したGTマシンを目のあたりにしてきた私の中では、モデューロはモータースポーツのイメージが強い。実際、レースから得られるノウハウが市販のカスタムパーツに生かされているといい、ホンダ直系ならではの信頼性や安心感とあいまって、カスタム好きにとって目が離せないのがモデューロなのだ。

そこで得られた経験をもとに、ホンダ車を知り尽くした彼らがトータルコーディネートするコンプリートカーがモデューロX。スポーティーさだけを追い求めるのではなく、パフォーマンス、デザイン、コンフォートの3つを高い次元までの磨き上げることで、走る楽しさを提供しようというのが、モデューロXのゴールだという。

2012年の「N-BOXモデューロX」に続き、2015年には「N-ONEモデューロX」を送り出した彼らが、その第3弾として2016年に投入したのが「ステップワゴン モデューロX」。日本のファミリーを支えてきた5ナンバークラスのミニバンが、モデューロのデザイナーやエンジニアの手により、果たしてどう進化したのだろうか?

→モデューロXの詳しい情報はこちら



「モデューロX」とはホンダアクセスが手がけたコンプリートモデルであり、カスタマイズカーでありながら、通常のホンダディーラーで新車で購入することができる。
「モデューロX」とはホンダアクセスが手がけたコンプリートモデルであり、カスタマイズカーでありながら、通常のホンダディーラーで新車で購入することができる。

「ステップワゴン モデューロX」のインストゥルメントパネルまわり。9インチの大型ナビや、本革巻きのステアリングホイールとシフトセレクター、ピアノブラック調のダッシュボードパネルが目を引く。
「ステップワゴン モデューロX」のインストゥルメントパネルまわり。9インチの大型ナビや、本革巻きのステアリングホイールとシフトセレクター、ピアノブラック調のダッシュボードパネルが目を引く。

今回のテストでは「ステップワゴン モデューロX」に加え、比較用に同車のベースモデルとなった「ステップワゴン スパーダ」にも試乗した。
今回のテストでは「ステップワゴン モデューロX」に加え、比較用に同車のベースモデルとなった「ステップワゴン スパーダ」にも試乗した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ステップワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。



コメントを残す