業界団体リユースモバイル設立、中古スマホの「平均買取価格」を毎月開示 – エキサイトニュース

Home » リユース » 業界団体リユースモバイル設立、中古スマホの「平均買取価格」を毎月開示 – エキサイトニュース
リユース コメントはまだありません

 携帯市場、ゲオ、TSUTAYA、ブックオフコーポレーション、エコケー、日本テレホン、ネオリア、パシフィックネットの8社は3月14日、リユースモバイルの普及と健全化を目的とした任意団体「リユースモバイル・ジャパン(RMJ)」を設立した。

 総務省の「携帯電話の料金その他の提供条件に関するタスクフォース」や、公正取引委員会の「携帯電話市場における競争政策上の課題について」の発表などを受けて、リユースモバイル通信端末(中古携帯電話・スマートフォン)が注目を集めている。
 一方で、行政との意見交換の受け皿となる業界団体の不在や、赤ロム問題、個人情報データ消去の課題、詐欺まがい買い取り業者の横行といった、業界としての課題の顕在化を受け、8社が発起人企業となり、「RMJ」を設立した。目的に賛同する正会員・賛助会員も募集する。
 継続的に行政との意見交換を行うほか、4月からは買取市場の公正性・透明性を伝えるため、協会加盟店8社が買い取ったiPhoneやAndroidスマートフォンなどのデータを集計した「平均買取価格」を「RMJ」の公式サイトで毎月開示する。
【関連記事】
【アウトレット・リユース】注目の中古スマホ市場、格安SIMが追い風に
モバイルサービスに関する新ガイドライン策定、2割を超えたSIMフリースマホに追い風か
“市場の番人”公正取引委員会にスマホ販売をめぐる報告書の狙いを聞く
ゲオ、ゲオモバイル アキバ店をリニューアル、中古携帯市場の好調を受けて
自宅に眠っている「埋蔵携帯」の総額価値は1兆6489億円、ゲオが試算

コメントを残す