「英雄伝説 閃の軌跡III」、主要キャラクターと舞台設定を公開! – GAME Watch

Home » ショップ » エアガン・モデルガン » 「英雄伝説 閃の軌跡III」、主要キャラクターと舞台設定を公開! – GAME Watch
エアガン・モデルガン コメントはまだありません

 日本ファルコムは、2017年秋に発売予定のプレイステーション 4用ストーリーRPG「英雄伝説 閃の軌跡(センノキセキ)III」の公式サイトを正式オープンし、最新情報を公開した。価格は未定。

 「英雄伝説 閃の軌跡III」は、「軌跡」シリーズ最新作にあたるストーリーRPG。今回は、本作の主要キャラクターや舞台設定、多数の開発画面が公開された。

主要キャラクタ-を紹介

リィン・シュバルツァー

年齢:20歳
武器:太刀

 「俺たちはお互い“新米”同士だ。“仲間”として共に汗をかき、切磋琢磨していこう。」

 トールズ士官学院・特科クラス《VII組》に在籍していた青年で、灰の騎神ヴァリマールの起動者。1年半前のエレボニア帝国内戦からクロスベル自治州併合、そして北方戦役におけるノーザンブリア併合に貢献し、《灰色の騎士》として帝国内で英雄視されるようになった。

 士官学院卒業後、政府から帝国軍入りを強く求められるもそれを固辞。トールズの精神を残すため、そしてこれ以上騎神ヴァリマールと自分の力を利用されないために、帝都西郊に新設されるいわくつきの《第II分校》で教官の職務に就くことを選択する。

【リィン・シュバルツァー】

ユウナ・クロフォード

年齢:17歳
武器:ガンブレイカー

「《VII組》で結果を出すまで、帝国人には負けてられないんだから!」

 旧クロスベル自治州出身の正義感溢れる活発な少女。数々の難事件を解決したクロスベル警察《特務支援課》の活躍に憧れ、警察学校への入学を果たすものの、エレボニア帝国の占領により志半ばで夢を絶たれてしまう。

 そんな中、ある人物の申し出を受けたユウナは“侵略国家”としての帝国の実態を確かめるため、そしてクロスベル市民としての誇りを示すため《第II分校》への入学を決意する。

【ユウナ・クロフォード】

クルト・ヴァンダール

年齢:17歳
武器:双剣

「《八葉一刀流》のシュバルツァー教官か―― ……正直、聞いていたほどじゃないな」

 帝国の武門として知られる「ヴァンダール家」の生まれで、一族の中では珍しい青灰色の髪を持つスマートな美男子。天才的な双剣術の腕を持ち、いずれはヴァンダールの一員として皇族を守るという使命感に満ち溢れていたが、内戦終結後、《鉄血宰相》ギリアス・オズボーンの策略によって一族が皇族の守護職を解かれ、自らの目標を失ってしまう。

 失望感からトールズ士官学院への入学を辞退しようとするが、兄ミュラーの勧めで迷いながらも《第II分校》への道を歩むこととなる。

【クルト・ヴァンダール】

アルティナ・オライオン

推定年齢:14歳
武器:クラウ=ソラス

「分校に所属する以上、『リィン教官のクラス』が“適切”と考えます。」

 帝国軍情報局に所属し、黒兎(ブラックラビット)というコードネームを持つ感情が希薄な少女。最新鋭の戦術殻《クラウ=ソラス》を使役しており、内戦時は貴族連合を欺くフェイクとして各地で特殊工作活動を行っていた。

 内戦終結後は情報局で様々な任務を遂行、《灰色の騎士》リィン・シュバルツァーの行動を監視する傍ら、パートナーとして彼の任務をサポートするようになる。そんな中、リィンの教官就任を受け、アルティナも“生徒”として《第II分校》に派遣されることになるが……。

【アルティナ・オライオン】

舞台設定とキーワードを紹介

エレボニア帝国

エレボニア帝国

 ゼムリア大陸西部に位置する巨大軍事国家。伝統的な保守勢力《貴族派》と新興勢力《革新派》の衝突により一時内戦状態に陥ったものの、《貴族派》リーダーの拘束と貴族連合軍解散によって事態は終息を迎えた。

 その後、《革新派》リーダーである帝国政府代表、ギリアス・オズボーン主導のもと、強大な軍事力を利用してクロスベル自治州、ノーザンブリア自治州など周辺地域への侵攻・領土拡大を急速に推し進めている。

クロスベル州(旧クロスベル自治州)

クロスベル市

 エレボニア帝国とカルバード共和国という2大国の狭間で急激な発展を遂げた巨大貿易都市。帝国によって1年前に正式に併合され帝国出身貴族の統治下に置かれることとなった。現在は貿易・金融の中心地としての機能が戻りつつあるものの、いまだ併合直後の緊張は解けておらず、市民による反対運動やレジスタンス組織の噂も流れ始めている。

トールズ士官学院・第II分校

 帝国の名門「トールズ士官学院」が帝国正規軍の本格的な軍学校となる流れを受け、新たに新設されることになった分校。立場の難しい貴族子女や外国人、クロスベル出身者など訳アリの生徒ばかりが集まっているほか、北方戦役で活躍したとある人物や高名な導力学者、そして、若き英雄としてその名を知られるリィン・シュバルツァーが教職に就くといった異例極まる人事にも注目が集まっている。

 本校ではIからVI組の6クラス、第II分校では特務科(VII組)、戦術科(VIII組)、主計科(IX組)の3クラスが存在している。

トールズ士官学院・第II分校

第II分校・校章

Ⅶ組・特務科

 トールズ士官学院・第II分校で、リィン・シュバルツァーが担当教官を務める特別クラス。教官であるリィン自身が率いることで様々な目的を達成する特務小隊としての活躍が期待されており、そのため、生徒もユウナ、クルト、アルティナの3名のみという小規模クラスになっている。

コメントを残す