【IAAE 2017】ドイツ製レザーリペアー、スプレー式保護フィルム…カーメイクアートプロ – レスポンス

Home » リペア » 【IAAE 2017】ドイツ製レザーリペアー、スプレー式保護フィルム…カーメイクアートプロ – レスポンス
リペア コメントはまだありません



車内外装のコーティング剤などディテイリングの専門メーカーであるカーメイクアートプロの展示は、スプレー式の保護フィルムやドイツ製のレザーの補修剤などケミカル品の展示を行っている。

「レザーゼントラム」というレザーの補修材は、ドイツ製。カーメイトアートプロは日本総代理店として、全国の整備工場やプロショップに供給している。レザー製品の他本皮にも対応し、ランボルギーニやロールスロイスも正式採用している製品だ。プロショップ向けなので、施工は同社の講習を受ける必要がある。16日、17日にはドイツから職人が来日し、施工デモも行う予定だ。

ボディコーティングでは「セラミックプロ」や「ウルゴ (日本で製造される独自ブランド)といった製品の他、スプレー式のボディ保護フィルム「フェニックス スクラッチガード」を展示していた。フェニックスをボディ全体にコーティングすると、そのまま薄いフィルムとなり跳ね石や虫などによる傷からボディを守ってくれる。スプレー式なのでとにかく施工性が高いという。また、オリジナルボディの色を活かしたい場合も、色合いを大きくそこなうことなくフィルムコーティングが可能だ。

とくにスーパーカーと呼ばれるような高級輸入車で施工例が多く、また評価も高いという。一度コーティングすれば7年間は品質保証がつく。めってにないというが、フィルムが剥がれてきても保証期間内なら再施工してくれる。

ブース担当者によると、近年は洗車やワックス掛けするユーザーは減っており、新車時にボディコーティングをする層、高級車に施工する例が増えているという。





コメントを残す