お値段数千万円…アビーロード・スタジオ伝説の機材がオークションに出品 – WIRED.jp

Home » オークション » お値段数千万円…アビーロード・スタジオ伝説の機材がオークションに出品 – WIRED.jp
オークション コメントはまだありません



ピンク・フロイドの『狂気』を生んだレコーディング機器がオークションにかけられることがわかった。アビーロード・スタジオの熱を自宅に持ちこむお値段は、数千万円になる見込みだ。

TEXT BY SHOGO HAGIWARA

ピンク・フロイド

いわずとしれたプログレッシヴロックの先駆者、ピンク・フロイド。PHOTO: REX FEATURES/AFLO

ピンク・フロイド、ポール・マッカートニー、ザ・キュアー、ケイト・ブッシュらのスターミュージシャンが使用したレコーディングシステムがあなたのものに!? きらびやかな音楽史を彩った貴重なピースを所有できるなんて夢のような話だが、3月末にニューヨークで開催されるオークションで現実のものとなる。

音楽ファン垂涎のレコーディングシステムとは、ロンドンのアビーロード・スタジオで、1971〜83年に使われていた「EMI TG12345 Mk IV」である。

このシステムでレコーディングをしたミュージシャンは数多いが、なかでもひと際輝くエピソードは、ピンク・フロイドが1973年に全世界的ヒットを記録した『Dark Side of the Moon』(邦題『狂気』)の録音を行ったという事実だ。アビー・ロードとEMIのエンジニアが、当時の最新テクノロジーを駆使してつくった先鋭的サウンドシステムだったが、183年に同スタジオがレコーディング機器の刷新を行った際に手放し、プロデューサーのマイク・ヘッジズが購入した。

TG12345MK

アビーロード・スタジオの栄光を物語る「EMI TG12345 Mk IV」。「WIRED.jp」では、雑誌『WIRED』日本版VOL.21に掲載した同スタジオのインキュベーション施設としての復活を追ったストーリーを転載して掲載している。一読あれ! PHOTOGRAPH COURTESY OF MIKEROSSPHOTOGRAPHIC.COM

オークションを開催するのはオークションハウスのボナムズで、3月27日に開催される「TMC Presents…Rock and Roll Through the Lens」)とタイトルされたオークション内で競りにかけられる予定となっている。

ただし、当然のことながら“安い買い物”ではない。『Rolling Stone』によると、予想される落札価格は「6ケタの数字」に手が届く勢いとのこと。日本円換算で、数千万円単位(!)と、音楽好きが高じて…といっても、多くのファンにとっては、えいやっと簡単に用意できる金額ではないのも確かだ。

Dark Side of the Moon

『Dark Side of the Moon』のプリズムを描いたジャケットデザインを手がけたのは、デザイングループのヒプノシスだった。





コメントを残す