スタイル&デコ、不動産×設計で高額案件を年間40件受注 – リフォーム産業新聞

Home » ショップ » 家具 » スタイル&デコ、不動産×設計で高額案件を年間40件受注 – リフォーム産業新聞
家具 コメントはまだありません



スタイル&デコ、不動産×設計で高額案件を年間40件受注

このエントリーをはてなブックマークに追加


LINEで送る

新たなリノベワンストップモデル

 6人のスタッフで、中古リノベーションワンストップ事業を年間40件受注しているのが、スタイル&デコ(東京都渋谷区)。「暮らしのコンサルタント」としてじっくりとユーザーに向かい合う姿勢で、30代前後の若い世代から支持を集めている。不動産仲介とリノベ設計を組み合わせたビジネスモデルを、谷島(やじま)香奈子社長に聞いた。

スタイル&デコ 同社の施工事例同社の施工事例。ホームページでは施主とのエピソード付きで、多数の事例を紹介する

施工店はコンペで決める

 谷島社長は化粧品関連会社で働いていた経験を生かし、暮らし方の提案まで踏み込んだ住宅会社をつくりたいと考え、2006年に「スタイル&デコ」を立ち上げた。

 同社が提供するのは、中古マンションの仲介と、リノベーションの設計。家探しとリノベを一社で行う、いわゆる「中古リノベワンストップ」と呼ばれるビジネスモデルだが、他社と異なり、施工はほとんど請け負わない。言わば、「不動産仲介もしてくれる設計会社」という位置付けだ。なぜこのようなスタイルを取っているのか。

 「暮らし提案の専門家として、価格の妥当性、中立性を保つためです。お客様が100人いれば、そのご要望はまったく違います。当社ではリノベプランに合わせて、例えば家具を作るのがうまい工務店、アイアンが得意な工務店といった形で複数の会社に見積もりを取り、コンペ形式で施工会社を決定しています」(谷島社長)

 施工会社は施主が自分で探す、もしくは知り合いの工務店に頼むこともできるが、多くの場合、同社から工務店を紹介する。施工まで一緒に行うリノベワンストップ会社と比べると、完工までに時間がかかるものの、施主の満足度は高いと、谷島社長は語る。

スタッフは不動産+建築のプロ

 同社では、基本的に一人のスタッフが、施主の家探しから打ち合わせ、設計まですべてを行う。全員が建築関連の学校を卒業し、家づくりのバッグボーンを持っているため、「改修しやすい」という観点で、中古マンションを紹介することができる。また仲介時には、今後の長期修繕計画なども確認し、住んだ後の資金計画についてもアドバイスする。

 施主の細かな要望を設計プランに落とし込むので、休日の過ごし方、好きな服のブランド、お金の使い方までヒアリングする。そのため、同社では初回の打ち合わせから物件引き渡しまで、およそ半年かける。通常、リノベワンストップではプラン作成中に購入しようと思っていた中古物件が売れてしまうのを防ぐため、プラン決定までの時間を短縮する傾向にある。

 同社ではまず最初の打ち合わせで大まかな物件条件や設計の方向性を決定。その後、一旦不動産を購入した後で、本格的なプラン決めに入る。

 「このようにできるのは、担当者が不動産と設計の知識を持ち、お客様に信頼してもらえるから。建材選びでは、ドアノブ1つまで吟味することが可能です」(同社長)

 物件価格と施工、家具、インテリアにかける予算は、4000万~5000万円ほど。こだわりの強いユーザーが多いため、工事費用は1000万円を超えることが多い。

スタイル&デコ

暮らし方に共感

 主な集客方法は、住宅系雑誌とホームページ。

 「『おしゃれ』や『格好いい』という打ち出し方はしていません。雑誌に掲載された施工事例や、団地での暮らし方を紹介するホームページのコラムなどで、当社に共感した方から問い合わせいただいています」

 これまでは30代前後の第一次取得者層が主な顧客だったが、50代以上にもPRを開始した。その1つが、「大人のリノベ」ブランド。自宅のリノベーションだけでなく、郊外の空き家を改修し、セカンドハウスとして利用する、といった新しい暮らし方も提案している。

 「50代以上の世代は、自分の趣味嗜好、好きなものはきちんと理解していますが、家が自由になるということをまだ知りません。田舎の戸建てを何人かでシェアして利用するといった、新しい家の使い方のニーズが、拡大してくると思っています」

スタイル&デコ 団地での生活を紹介するブログ団地での生活を紹介するブログ





コメントを残す