JR東、食品リサイクル参入 廃棄物で発電 – 日本経済新聞

Home » リサイクル » JR東、食品リサイクル参入 廃棄物で発電 – 日本経済新聞
リサイクル コメントはまだありません



 東日本旅客鉄道(JR東日本)は7日、食品リサイクル事業に参入すると発表した。JFEエンジニアリングなどと共同出資した新会社がバイオマス(生物資源)発電所を建設。2018年8月からJR東の駅ビルなどから回収した食品廃棄物を使って発電して売電する。廃棄物の有効活用により、環境配慮と事業創出の両立を狙う。

 新会社Jバイオフードリサイクル(横浜市)を設立した。資本金は6千万円でJR東グループが34%、JFEエンジグループが66%出資した。横浜市内に約30億円投じてバイオマス発電所を建てる。1日あたり80トンの食品廃棄物を微生物によって発酵させ、発生したガスを燃料に発電する。

 出力は1800キロワットで一般家庭約3千世帯分の電気を作り、JFEエンジの新電力子会社に売電する。新会社は年間約10億円の売上高を目指す。

 東京都と神奈川県内にあるJR東グループの駅ビルや駅構内の店舗からは1日50トンの食品廃棄物が発生する。そのうち半分を新会社の発電所で処理する予定だ。新会社はJR以外からも廃棄物の回収を進める。

 食品廃棄物はこれまで焼却処分するケースが大半だった。最近は固定価格買い取り制度を使ってバイオマス発電の燃料に使う動きが全国で広がりつつある。





コメントを残す