ごみはどこへ行く? – 毎日新聞

Home » リデュース » ごみはどこへ行く? – 毎日新聞
リデュース コメントはまだありません



てたぶんだけえる らすためのこころみを

 学年がくねんわりがちかづき、まわりの片付かたづけをすることもおおくなります。わたしたちがてたごみはどのように処理しょりされているのか、東京都とうきょうと23れいてみましょう。てるかどうか、かんがなおすきっかけになるかもしれません。【小丸朋恵こまるともえ

いちにちひとりあたりやく1キログラム

 いえ学校がっこう、オフィスなどからのこしやかみくずなどのごみを一般廃棄物いっぱんはいきぶついます。環境省かんきょうしょうによると、1年間ねんかん一般廃棄物いっぱんはいきぶつりょうは、全国ぜんこくで4432まんトン(2014年度ねんど)。東京とうきょうドーム119杯分はいぶんにもなります。1日1いちにちひとりあたりだと947グラムです。

 一般廃棄物いっぱんはいきぶつ処理しょり担当たんとうするのは市区町村しくちょうそんなので、分別ぶんべつ処理しょり仕方しかたは、市区町村しくちょうそんちがいます。今回こんかい東京都とうきょうとの23区内くないで、いえからたごみの行方ゆくえってみましょう。

 東京とうきょう23では、えるごみ▽えないごみ▽おおきなごみ▽リサイクルできるごみ--にけてごみ収集所しゅうしゅうじょさなければいけません。されたごみは、ごみ収集車しゅうしゅうしゃあつめて施設しせつはこびます。

やしてかさをらす

 えるごみは、焼却場しょうきゃくじょうで800度以上どいじょうねつやします。高温こうおんなのでばいきん害虫がいちゅうがいなくなり、なまごみのような水分すいぶんおおいごみもやせます。東京二十三区清掃一部事務組合とうきょうにじゅうさんくせいそういちぶじむくみあい石川勝之いしかわかつゆきさんは「24時間動じかんうごいていて、職員しょくいんつね温度おんど設備せつび様子ようすをコンピューターで監視かんししています」とはなします。

 やしたごみははいになり、おおきさは20ぶんの1になります。一部いちぶはセメントやアスファルトの原料げんりょうになり、のこりは東京湾とうきょうわんにあるごみをめる土地とち最終処分場さいしゅうしょぶんじょう」にはこばれます。

 えないごみは、機械きかいちいさくくだかれ、再利用さいりようできるてつやアルミニウムなどがのぞかれたあと最終処分場さいしゅうしょぶんじょうへ。家具かぐ自転車じてんしゃなどのおおきなごみは、える部分ぶぶんえない部分ぶぶんひとけられて処理しょりされます。

 ビン、かん、ペットボトル、新聞しんぶんだんボールなどは、高温こうおんかしたり、こまかくくだいたりして、あらたな製品せいひんまれわります。

あと20ねんでごみがあふれる?

 ほか市区町村しくちょうそん処理しょりも、おおまかなながれはおなじです。つまり、ごみはてたぶんだけ、最終処分場さいしゅうしょぶんじょうにたまっていくのです。いまわたしたちが直面ちょくめんする問題もんだいは、おおくの地域ちいき最終処分場さいしゅうしょぶんじょうきがすくなくなっていることです。環境省かんきょうしょう調しらべでは、全国ぜんこく現在使げんざいつかっている最終処分場さいしゅうしょぶんじょう(1698施設しせつ)は、あと平均へいきん20ねんでいっぱいになるとしています。

 最終処分場さいしゅうしょぶんじょうかぎりがあるなら、ごみをらすしかありません。一人一人ひとりひとりができるみは「3R」とわれます。「リデュース(reduce・ごみをさない)」「リユース(reuse・くりかえ使つかう)」「リサイクル(recycle・再利用さいりようする)」です。無駄むだものわない、のこしをしない、いらないもの必要ひつようひとにあげるなど。石川いしかわさんは「3Rをきびしくやろうとするとつかれてやめたくなります。まずはできるところからすこしずつ、毎日続まいにちつづけることをこころがけて」とはなしています。

 ■ミニ知識ちしき

すぐにつくれないごみ処理施設しょりしせつ

 ごみ処理施設しょりしせつてようとすると、住民じゅうみん環境かんきょうよごれないか心配しんぱいして反対はんたいすることがあります。このため、日本にっぽんのごみ処理場しょりじょうは、焼却時しょうきゃくじ有害ゆうがい物質ぶっしつ十分じゅうぶんにきれいにする設備せつびをつくったり、施設しせつからでる空気くうきみずくにがいがないとさだめる基準値きじゅんち下回したまわるよう、きびしくもとめられています。東京とうきょう23焼却炉しょうきゃくろでは、ちりやはいガスを4種類しゅるい設備せつびできれいにして煙突えんとつからします。焼却しょうきゃくねつちかくの温水おんすいプールや温室おんしつなどに使つかったり、ねつ利用りようして電気でんきしています。ではあめってしみよごれをきれいにする処理しょりをします。てがわって数十年すうじゅうねんたっても、雨水あまみず処理しょりつづきます。大切たいせつ施設しせつとはいえ、りなくなったからすぐあらたにつくるというわけにはいかない、むずかしい問題もんだいかかえています。

3Rをがんばっているまちはどこ?

 市区町村しくちょうそんではごみをらすために、ごみぶくろ有料ゆうりょうにしたり、ごみをこまかく分別ぶんべつしてしてもらってリサイクルするなどの工夫くふうをしています。徳島県上勝町とくしまけんかみかつちょうでは34種類しゅるいにも分別ぶんべつしています。環境省かんきょうしょうによると、2014年度ねんどに1ひとりが1いちにちすごみのりょうらした市区町村しくちょうそんの1は、人口じんこうおおきさごとに、奈良県野迫川村ならけんのせがわむら人口じんこう10万人未満まんにんみまん)、東京都小金井市とうきょうとこがねいし人口じんこう10まん~50万人まんにん)、愛媛県松山市えひめけんまつやまし人口じんこう50万人以上まんにんいじょう)でした。

日本にっぽんのごみのりょうってきた

 全国ぜんこくのごみのりょうは1980年代ねんだいからはじめ、2000年度ねんどには総量そうりょう5483まんトンともっとおおくなりました。当時とうじ景気けいきく、使つかってはてる生活せいかつスタイルがひろがっていました。その後減少ごげんしょうつづいているのは、景気けいきわるくなってものわなくなったことや、リサイクルの法律ほうりつととのってきたこと、「3R」につとめるひとえたことなどが理由りゆうです。3Rはほかにどのようなことがあるか、友達ともだちはなってみてください。


はなしいたひと

 東京二十三区清掃一部事務組合とうきょうにじゅうさんくせいそういちぶじむくみあい広報こうほう人権係長じんけんかかりちょう 石川勝之いしかわかつゆきさん

参考さんこうにした資料しりょう

 東京二十三区清掃一部事務組合とうきょうにじゅうさんくせいそういちぶじむくみあいのホームページ▽「ごみはいかせる!へらせる!1~3」(寄本勝美監修よりもとかつみかんしゅう岩崎書店いわさきしょてん


 マンガで理科りか きょうのなぜ? ぜんかん偕成社かいせいしゃから好評発売中こうひょうはつばいちゅうです


今後取こんごとげるテーマ

盲導犬もうどうけん歴史れきし

●アホウドリの移住いじゅう

 *つき最終週さいしゅうしゅうはおやすみします


 感想かんそう意見いけんをおかせください。このページを小学校しょうがっこう授業じゅぎょうにお使つかいになるためにPDFファイルもあります。新聞しんぶん在庫ざいこがあれば提供致ていきょういたします。なるべくまえもってご連絡れんらくください。

〒100-8051 毎日小学生新聞編集部まいにちしょうがくせいしんぶんへんしゅうぶ「きょうのなぜ?」がかり電話でんわ03・3212・3274、ファクス03・3212・2591)へ。毎小購読まいしょうこうどくのおもうしこみはフリーダイヤル0120・468・012へ。


コメントを残す