姫路・船丘に学生服専門リユースショップ 子育て世代の母親が経営 – バリ経済新聞

Home » リユース » 姫路・船丘に学生服専門リユースショップ 子育て世代の母親が経営 – バリ経済新聞
リユース コメントはまだありません

 姫路市周辺の保育園~高校の学生服を専門に扱うリユースショップ「さくらや」(姫路市船丘町、TEL  079-298- 7171)がオープン半年を迎える。

店舗外観

 姫路市、たつの市、相生市などの学校の夏・冬・合服、体操服、通学かばん、子ども用フォーマルスーツなど常時1000着以上をそろえ、出張買い取りの相談も受け付けている。同店はサンクラッド(高松市)の6店舗目のフランチャイズ店舗。

 同店の津田美花さんは子育て世代の母親。津田さんは「活動を知ったきっかけはテレビ。こんな店が欲しかった、私にもきっとできると思った」と経緯を話す。過去に事業経験はないが、販売ノウハウ、制服の取り扱い方、修理方法などの指導を受け、昨年9月7日にオープンした。

 オープン後、店舗周辺にチラシ配布などを行っているが、「学生服の再利用」はまだあまり認知されていないのが現状だという。津田さんは「子どもさんが急に成長してしまい着れなくなったり着られなくなったり、兄弟の年が離れていたり、双子のお客さまにも大変喜ばれている。オープン半年で制服もだいぶ集まってきた。捨てるのはもったいない、誰かに使ってほしいという人に利用していただきたい」と呼び掛ける。

 娘と高校入学準備のために訪れていた女性は「インターネットで子どもの学校の制服を検索し、偶然『さくらや』のホームページにたどり着いた。学生服専門のリサイクル店なんてあるんだと大変驚いた。とても満足」と喜ぶ。

 営業時間は10時~16時。日曜~火曜定休。

コメントを残す