掃除機が「水洗いマシーン」になる 「平成の平賀源内」が生んだ世界初のアダプター – WIRED.jp

Home » ショップ » プラモデル » 掃除機が「水洗いマシーン」になる 「平成の平賀源内」が生んだ世界初のアダプター – WIRED.jp
プラモデル コメントはまだありません

カーペットにこぼした液体を水で洗い、そのまま吸い取ってしまう掃除機用アダプターが発売される。原型となる技術を開発したのは74歳の発明家。部品まで手作りで試作したという「平成の平賀源内」は、自らの技術をどうやって製品化にこぎつけたのか。

TEXT BY DAISUKE TAKIMOTO

カーペットにこぼしたコーヒーやワイン、ジャム、そして猫のおしっこまで──。ノズルの先端から噴射された水が汚れを洗い落とし、みるみる吸い込まれていく。家庭用掃除機を「水洗いマシーン」に変えてしまう世界初のアダプターが2017年4月に発売される。

大きめのじょうろのような形状をしたこの製品は、「switle(スイトル)」という。掃除機のホースにつないでノズルの先端を床にくっつけると、水が勢いよく噴き出し、洗浄後の汚水もそのまま吸い取る。水と空気は遠心力で完全に分離され、汚水だけがタンクに貯まる仕組みだ。掃除機の吸引力を利用するのでスイトルにはモーターがなく、タンクは丸洗いできる。

「ペットを飼っている家庭や介護の現場などで、かなりの需要が見込めると考えています」と、発売元であるシリウス社長の亀井隆平は語る。亀井はかつて三洋電機で、米からパンをつくれるホームベーカリー「GOPAN(ゴパン)」(現在はパナソニックが発売)のプロモーションを担当した人物だ。亀井は2010年に三洋を早期退職して独立し、空気清浄機やLED照明の販売など手掛けてきた。

この小さなメーカーにとって、初めて大々的に発売する製品がスイトルである。それだけに、中小さまざまな企業が量産に関わっている。たとえば生産は三洋電機の元協力企業で、亀井と同じ三洋出身者も在籍する兵庫県加古川市のユウキ産業。デザインはスタイリッシュな電動義手で知られるイクシー、コンセプト開発などを未来予報、といった具合にスタートアップ2社が担当した。

そして原型となる技術を開発したのは、広島県福山市に住む一人の発明家だ。周囲の人々が「平成の平賀源内」と呼ぶ、74歳の川本栄一である。川本は亀井に言わせると「田舎のおとっつあん」のような朴訥とした小柄な男だ。だが、ものづくりにかける情熱は人一倍で、目をきらきらと輝かせながら語る姿は少年のようでもある。

「switle」の技術を開発した川本栄一。PHOTO: SIRIUS co..Ltd.

なぜ川本は掃除機用の水洗いアダプターを開発したのか。きっかけは1987年頃にまでさかのぼる。義理の父が肝硬変で寝たきりになり、認知症を患ったのである。義姉による介護を手伝う機会に実感したのが、手を汚さずに排泄物を簡単に吸い込める掃除機の必要性だった。「義父は数カ月後に亡くなりましたが、仕事で忙しかったこともあってアイデアは眠ったままになってしまいました」と、川本は言う。

それから約10年。勤務していた食品会社のリストラで退職することになった川本は、そのときのアイデアを思い出した。そして妻に「しばらく好きなことをやらせてもらえないか」と頭を下げ、失業保険金が給付される10カ月間を開発に充てることにしたのだ。そこから試作品の開発に没頭する日々が始まった。ここからが、「平成の平賀源内」の本領発揮である。

設計図は「すべて頭のなかにある」

川本は設計図を描かない。すべて頭の中に入っているのだ。イメージした構造を形にするために、水道パイプを切断し、ヒートガンの熱でアクリル板を曲げるなどして、部品から手づくりする。それらをプラスチックのカップやバケツにネジ止めしたり溶着したりして、試作機を組み立てていった。こうして初期の試作機から改良を重ね、原型となる技術が完成。数々の賞を受賞したことを契機に、自動車メーカーが中古車のシートを洗浄するために採用するなど、業務用として注目された。

だが、そこまでだった。「シンプルな構造で壊れにくいので、ある程度が売れると先細りになってしまって」と、川本は頭をかいて笑う。その後、2008年に故郷の福山に戻り、自宅で犬や猫を飼い始めたことが次なる転機になる。猫が部屋におしっこをしてしまった際の掃除に、この機構を応用しようと考えたのだ。一気につくり上げた試作機は、現在のスイトルにかなり近いものだ。異なる点は、市販のプラスチック製品やパイプ、アクリル板などを組み合わせて自作したことだけである。

川本が自作した試作1号機。水道パイプやバケツ、アクリル板などを加工してつくった。PHOTO: SIRIUS co..Ltd.

「でも、5年くらいは自宅で使うだけでした」と、川本は言う。製品化にも特許の出願にもコストがかかるからだ。ところが、自宅で使っているのを見た近所の人たちが、「ぜひ同じものがほしい」「もう一つだけつくってくれないか」と言い出した。そこで川本は妻に再び、頭を下げた。「きちんと特許を出願して、世に問うてみたい。出願費用を出してもらえないかな」。こうして妻の“許可”を得た川本が特許を出願して持ち込んだ先が、紹介されて訪れたシリウスの亀井だった。そこからトントン拍子に製品化が決まり、さまざまな企業の協力を得てスイトルが完成した。

7トンの巨岩まで動かしたこだわり

川本は人並み外れた集中力をもつ。何かに夢中になると「そのことしか考えられなくなる」のだという。スイトルの開発にも寝食を忘れる勢いでのめり込み、ほぼ1年で基本構造をつくり上げた。こうしたエピソードは枚挙にいとまがない。「子どものころからプラモデルをつくったり、時計を分解して組み立て直したりするのが好きだった」という川本は、30代前半のころに自動車のエンジンを完全に分解して組み立て直し、きちんと動作させていたという。その頃に分解した自動車のターボチャージャーの回転翼が、いまになってスイトルの参考になったというから、世の中はわからないものだ。

この次に川本が夢中になったのが、自宅の庭の手入れだ。といっても、庭いじりというレヴェルではない。通販で自分の背丈ほどもある石灯籠を購入しただけでなく、巨大な石まで並べて立派な石庭を作ってしまった。その石がどのくらい巨大かというと、なんと最大で7トン。「業者が庭の真ん中に置いて帰った石を、工事用の電柱を組み合わせて自分でやぐらを組んだりして配置した」というから、驚いたものだ。造園の専門書を読むなどして数年かけてつくり上げた庭園は、本職の庭師をして「ぜんぶ自分でつくったなんてウソや」と言わしめるほどの出来映えになった。

川本が自宅につくった石庭。巨大な石は最大7トンあるという。

このほかにも、自宅の家具づくりから水道工事、機械時計の修理まで、「仕組みがわかるもの」なら何でも手掛けた。その後は「のめりこむと仕事に差し障るので抑えていた」というものづくりへの強い思いが、リストラで退職してからマグマのように噴きだした。それがスイトルとして結実したわけである。

「水と空気を制する者が世界を制する、というのが座右の銘なんです」と言う川本は、今後はスイトルの改良と進化形の開発に力を注ぐのだという。スイトルの小型化、モーターとの一体化、口腔洗浄や介護に特化した業務用モデルなど、さまざまな構想はすべて頭の中に入っている。「既存の技術を参考にしたり、その延長線上にあるものをつくろうとすると、思い込みが妨げになって新しいものを生み出せなくなってしまう。だから僕は、自分の知識だけでものを作るんです」と、川本は語る。

川本のような市井の発明家のアイデアが、いまはなき三洋電機のDNAと融合し、それがスタートアップによるデザインやマーケティングなどと結びついて生まれたスイトル。しかも量産資金をクラウドファンデングで集めるなど、すべてにおいて大企業中心の従来型ものづくりの対極にある。その成否は、今後の製造業のあり方に間違いなく一石を投じるだろう。

コメントを残す