ワカサギ釣り4人転落 「氷割れる」周囲から警告 釣りの穴場、規制なく 岩手・奥州市 – 産経ニュース

Home » ショップ » 釣具 » ワカサギ釣り4人転落 「氷割れる」周囲から警告 釣りの穴場、規制なく 岩手・奥州市 – 産経ニュース
釣具 コメントはまだありません



 岩手県奥州市江刺区のため池に張った氷が割れ、4人が死亡した転落事故。このため池は、冬場はほとんど訪れる人がいない場所だが、ごく一部の愛好家がワカサギ釣りを楽しんでいた“穴場”だったという。また、亡くなった4人はかつて地元企業に勤めた同僚や釣り仲間で、突然の事故に衝撃が広がった。

 「氷が割れるから(ワカサギ釣りは)やめたほうがいい、と周りから言われていたようだが…」

 4人を知る男性(73)はこう話し、今回の事故を悔やんだ。

 ため池は地元で通称「新堤」と呼ばれ、標高140~150メートルの小高い丘の上にある。池の近くに住む農業の菊池康夫さん(65)は「1月以降になると、人数は少ないが毎日のようにワカサギ釣りにやって来る人がいた。知る人ぞ知る穴場だった」と話す。一方で、「昔からのため池で、何も規制はされていなかった」という。

 現場には、ため池の岸から10メートルほどの場所に直径5、6メートルほどの穴が開いており、ワカサギ釣りの穴の跡があったほか、竿などの釣り具やイスも散乱していた。また割れた氷も残っており、厚さは5センチほどしかなかった。

続きを読む





コメントを残す