JR観光列車「かわせみ やませみ」公開 地元材使用「震災復興の象徴に」 熊本 – 産経ニュース

Home » ショップ » タブレット端末 » JR観光列車「かわせみ やませみ」公開 地元材使用「震災復興の象徴に」 熊本 – 産経ニュース
タブレット端末 コメントはまだありません

 JR九州は27日、3月4日から熊本県の熊本-人吉を1日3往復する観光列車「かわせみ やませみ」を北九州市の車両基地で報道陣に公開した。デザインは豪華寝台列車「ななつ星in九州」に続き、水戸岡鋭治氏が担当した。昨年4月の熊本地震を受け「復興の象徴になってほしい」との思いを込めて、地元産材を内装の随所に使用した。

 JR九州11番目の観光列車で2両編成(定員72人)。熊本県南部の人吉、球磨地方を走る。

 普通列車として走っていた中古車両を改造した。内装は、沿線の木材組合から無償提供されたヒノキ57本を、窓際のカウンターや座席のテーブルなどに用いた。床と天井には地元産のスギを使い、森にいるような雰囲気を味わえるようにした。

 車内では専用のタブレット端末を使い、球磨川でのラフティングなどの疑似体験動画を楽しめる。

 加えて、焼酎を置く棚やバーカウンター、座席なども高級感を得られるよう工夫した。28の蔵元から、季節ごとに焼酎3銘柄を選び、1杯400円で提供する。「球磨焼酎案内人」と呼ばれる資格を持つJRの客室乗務員が、乗客それぞれにおすすめの銘柄を紹介する。

 食にもこだわる。シカ肉のくん製などジビエ料理を詰めたおつまみセットも提供する。地鶏のうまみが詰まった郷土料理の野菜汁「つぼん汁」をセットにした弁当(1セット1300円)も販売する。

 被災地を活気づける最高のものに仕上げようと地震前に作成した計画を見直した結果、総工費は約2億3千万円で、当初計画より大幅に増えたという。

 水戸岡氏は「素材を見直し、手間暇を掛けた。復興のシンボルになってほしい」と強調した。JR九州の青柳俊彦社長も「沿線の観光振興を引っ張りたい」と自信を示した。

 「かわせみ やませみ」は、球磨川流域に生息する野鳥から名付けられた。

コメントを残す