甲州金まんじゅう 開府500年へ新菓子 「甲府ブランド」来月発売 – 産経ニュース

Home » ショップ » 古銭・記念硬貨 » 甲州金まんじゅう 開府500年へ新菓子 「甲府ブランド」来月発売 – 産経ニュース
古銭・記念硬貨 コメントはまだありません



 甲府市は、金精軒製菓(北杜市白州町台ケ原)が3月1日に発売する「甲州金まんじゅう」を「甲府ブランド」に認定した。

 「甲府之証」のロゴマークが付けられる。平成31年の開府500年に向け、市と出身者らでつくる「首都圏甲府会」が連携して県内外で売り込む。

 「甲州金まんじゅう」は戦国時代の武田氏が貨幣として広め、江戸時代まで流通した「甲州金」をモチーフにしている。首都圏甲府会が数年前から開発を進めてきた。

 原料の多くは県内産。白インゲンとサツマイモのあんを竹炭を使った黒い生地で包み、金箔(きんぱく)を貼った。外箱は甲州印伝の柄を用いた。6個入り1750円。

 当面は金精軒製菓の県内店舗で販売する。今後は市が同会と協力し、駅や空港、土産物店など県内外に販路を広げたい考えだ。





コメントを残す