日本酒のラベルがかわいい!? KURAND×宝山酒造「酒を売る犬、酒を造る猫」が話題沸騰 – Jタウンネット

Home » ショップ » 絵画・美術品 » 日本酒のラベルがかわいい!? KURAND×宝山酒造「酒を売る犬、酒を造る猫」が話題沸騰 – Jタウンネット
絵画・美術品 コメントはまだありません



2017年2月13日、次のような写真付きのツイートが投稿され、話題となっている。

写真では、日本酒のラベルがクローズアップされている。犬と猫があしらわれた、なんともキュートなものだ。「『酒を売る犬、酒を造る猫』って日本酒すごくかわいかった」というコメントが添えられている。

このツイートには、1万を超えるリツイートがあり、今なお拡散中だ。

同じ投稿者から、引き続き、こんな補足のツイートもあった。

飲めるお店は…?


KURAND×宝山酒造「酒を売る犬、酒を造る猫」はスッキリさわやかな辛口で飲みやすい、ほんのり甘味も......(写真はJタウンネット編集部撮影)
KURAND×宝山酒造「酒を売る犬、酒を造る猫」はスッキリさわやかな辛口で飲みやすい、ほんのり甘味も……(写真はJタウンネット編集部撮影)

「このお酒は新潟の宝山酒造さんのお酒で、店舗流通はしてなくて日本酒飲み放題『KRAND』さんで飲めます…」とのことだ。

KURAND」とは、全国各地の酒蔵から選んだ100種類以上の日本酒を提供する専門店。「KURAND SAKE MARKET」という店舗を、新宿、大宮、渋谷、浅草、池袋に展開している。

「酒を売る犬、酒を造る猫」は若い女性にも大好評だ(写真はJタウンネット編集部撮影)
「酒を売る犬、酒を造る猫」は若い女性にも大好評だ(写真はJタウンネット編集部撮影)

宝山酒造」とは、新潟市の西部に位置する西蒲区にある小さな蔵だ。近くに、霊峰・弥彦山がそびえ、越後一宮「弥彦神社」や新潟の奥座敷「岩室温泉」がある、風光明媚な土地だ。ここで1885年(明治18年)から、日本酒を造り続けてきたのが宝山酒造である。

そんな伝統ある酒蔵が、なぜ猫と犬のイラストのラベルを……? Jタウンネットは新潟に電話して、話を聞いてみることにした。

犬猫コンビの物語、どんな展開が待っているのか……

「宝山酒造」の看板猫・ミー太(宝山酒造@2代目「二才の醸」醸造元公式アカウントより)
「宝山酒造」の看板猫・ミー太(宝山酒造@2代目「二才の醸」醸造元公式アカウントより)

電話で答えてくれたのは、「宝山酒造」の渡邉桂太さん。四代目蔵元である父・渡邉誠志さんの跡継ぎ息子だ。大学卒業後、群馬県の浅間酒造で3年間の蔵人修業を終え、現在、実家の蔵でベテラン杜氏の下で働いている。

「ツイッターで拡散された酒は1年前に造ったもので、すべてKURANDさんに買い取ってもらいました。ラベルのデザインもKURANDさんが依頼したイラストレーターが考えてくれました。その打ち合わせで話したストーリーがヒントになったようです」。

渡邉さんはこう語る。「実は、私は東京農大醸造科学科出身なんですが、学生時代に『収穫祭』という学園祭の実行本部にいました。部活みたいな雰囲気で、ある友人と仲良くなりました。それが縁で、いま営業担当として働いてもらっていますが、その営業先がKURANDさんだったのです」。

東京農大醸造科学科といえば、全国の酒蔵の子弟が集まることで知られている。また「収穫祭」は独特な踊りで知られ、学園祭として勇名をとどろかせている。そんな中で育まれた友情が、今回のプロジェクトのプロローグとなったようだ。

「酒造り担当の私は、あくまでも新潟にこだわっていきたいと思います。酒米も酵母も新潟産で、仕込水は地元の井戸水……と、新潟ならではの酒を追求していきたいと思っています」と渡邉さん。「しかし世の中のトレンドをキャッチしていくことも大切です。その役割を営業担当に期待しています」。

なるほど、新潟にこだわり続ける猫と、新たなトレンドを嗅ぎ当てる犬か。KURANDを舞台にどんなストーリーが展開されていくのか、楽しみだ。

ツイッターには宝山酒造から下のようなツイートが投稿されている。





コメントを残す