小さなヨンクにキャンプ道具を積んで森へ、焚火は男の必修科目です!【俺たち遊戯三昧】 – エキサイトニュース

Home » ショップ » ロードバイク・自転車 » 小さなヨンクにキャンプ道具を積んで森へ、焚火は男の必修科目です!【俺たち遊戯三昧】 – エキサイトニュース
ロードバイク・自転車 コメントはまだありません



カーセンサー本誌にて、車を自由に使いこなす遊びの達人たちを特集した連載「俺たち遊戯三昧」からの転載。 今回は会社員の荒牧良司さんが乗りこなす、スズキ ジムニー(JA11型)に注目!

▲38歳、会社員の荒牧良司さん。自転車も大好きで、現在はロードバイク系のサイクリングウエアの会社でデザインなどを担当している。かつてはバイク派で、ホンダが作っていた武骨なデザインのスクーター(PS250)にキャンプ道具を積んで遊んでいたときは、北海道まで遠征したことも! 荒牧さんの愛車はアウトドアズマンの間で根強い人気を誇るジムニー。荒牧さんは1990年式の中古車を2年前に購入。頭上空間に余裕のあるパノラミックルーフ(ハイルーフ)仕様で、実用性抜群! 自分と向き合う時間を作るために必要な道具

寒さが沁みる冬の森。車の侵入が許された開けた場所で、荒牧さんは焚火台に向かっていた。焚火台は地面から火を離すことで、足元の生態系に負荷をかけないための大事な道具だ。そして、傍らには懐かしい時代のジムニー。すでにたくさんのキャンプ道具を降ろしたにも関わらず、車内にはまだ荷物が詰まっている。
「東京郊外の自然に囲まれた場所で育ったので、アウトドアは体に染みついています。基本的に道具は良いものを長く使う主義ですけど、つい新しいものが欲しくなってしまうんですよね。いくら使ったかですか? ちょっと考えたくないですね~(笑)」

▲使い込まれたキャンプ道具の数々

なかには貴重なものもある。





コメントを残す