創業300年超! 都内最古の老舗に聞く、知られざる「質屋」の実態 – エキサイトニュース

Home » 質屋 » 創業300年超! 都内最古の老舗に聞く、知られざる「質屋」の実態 – エキサイトニュース
質屋 コメントはまだありません



大相撲の街・両国に、東京最古の「質屋」がある。創業320有余年、都内に現存する質屋のなかでは最も歴史が長い「福島質店」だ。かつては、庶民の暮らしに身近な存在だったという質屋。今も街中でたまに見かけるが、そういえば利用したこともなければ、そもそもの仕組みもよく分からない。数が減っているとはいえ、今なお生き残っているということは、一定の需要はあるのだろう。江戸時代から続く老舗を訪ね、質屋にまつわるアレコレを伺った。

庶民の暮らしに密にかかわる、昔ながらの質屋

名前は広く知られていても、その実態はよく分からない。「質屋」もそのひとつではないだろうか。古くから日本に根づく商売だが、実際に利用したことがある人はさほど多くはないだろう。

「福島質店」は江戸幕府5代将軍・綱吉の時代に創業し、現在までに10代を数える。現・当主の福島昌一さんに話を聞いた。

「最近は質屋が弱くなりましたね。リサイクルショップなど中古品の買い取り屋さんが街中にあふれていて、それも衰退の原因。元々はそれも質屋の原点なんですけどね。なけなしの物品を預け、お金に変える。古物営業だと売って処分して終わりですが、質屋の場合はお金を借りる信用として大事なものを預ける仕組みですね」(福島さん、以下同)

一般的には、ものを担保に金銭を都合する「金貸し」というイメージ。しかし、昔ながらの質屋の実態はドライなビジネスではなく、人肌のぬくもりが伝わる客商売であるらしい。





コメントを残す