ゲオ,2月2週目の中古ソフトランキングを発表。「バイオハザード7 グロテスクVer.」が1位に – 4Gamer.net

Home » ショップ » ゲームソフト » ゲオ,2月2週目の中古ソフトランキングを発表。「バイオハザード7 グロテスクVer.」が1位に – 4Gamer.net
ゲームソフト コメントはまだありません

ゲオ中古ゲームソフト週間売上ランキングTOP30
配信元 ゲオホールディングス 配信日 2017/02/17

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

 株式会社ゲオホールディングス(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:遠藤結蔵)の子会社、株式会社ゲオ(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:吉川恭史)は、ゲオ中古ゲームソフト週間売上ランキングTOP30を発表します。

 本ランキングは、2月2週目にあたる2017年2月6日から2月12日までのゲオショップ約1,200店の売上順位を集計したものです。なお、ニュースレター「GEO GROUP NEWS」では、毎月、各部門別ランキングを発表しています。

●「GEO GROUP NEWS

【2月6日〜2月12日/週間中古ゲームソフト 売上ランキング】

ゲオ,2月2週目の中古ソフトランキングを発表。「バイオハザード7 グロテスクVer.」が1位に

<バイヤーコメント>
 1月下旬発売のPS4「バイオハザード7」が1位に。2017年最初のビッグタイトルとして新品の売上も高かった分、少しお得な価格となった中古でも、販売をすぐに大きく伸ばしている状況です。また、PS4「仁王」も先週発売ながら早くもランクイン。週末にかけて新品が品薄になった影響で、買取したものがすぐ売れる、と言う状況が発生した結果と言えます。またランキング外での反応としては、「ファイアーエムブレム ヒーローズ」が2月2日に、iOS/Androidで配信開始した影響を受けて、3DS「ファイアーエムブレム 覚醒」や「ファイアーエムブレム 白夜王国・暗夜王国」など、各機種の既発商品の売上が急伸しています。(株式会社ゲオ 購買流通部 商品購買課 バイヤー 海津 祐樹)

コメントを残す