19万キロを「5万1000キロ」に…メーター改ざんし中古車販売、業者逮捕 – サンケイスポーツ

Home » ショップ » ロードバイク・自転車 » 19万キロを「5万1000キロ」に…メーター改ざんし中古車販売、業者逮捕 – サンケイスポーツ
ロードバイク・自転車 コメントはまだありません

 中古車の走行距離メーターを短く改ざんして販売したとして、警視庁生活経済課は2日までに、詐欺と不正競争防止法違反などの疑いで、愛知県稲沢市西町、中古車販売業前川貴志容疑者(39)や大阪府門真市舟田町、計器修理業小野清貴容疑者(54)ら男3人を逮捕した。

 2014年1月から16年6月の間に計約1億5000万円を売り上げたとみられ、同課はこの間に仕入れた約100台の中古車の大半で改ざんしていたとみて調べている。前川容疑者は「他の人物が私の名義で仕入れて改ざんした」などと容疑を否認している。

 逮捕容疑は14年6月から7月、ネットオークションで仕入れた中古の乗用車の走行距離メーターを約19万3000キロから約5万1000キロに改ざんし、都内の不動産会社経営の男性(45)に約200万円で販売するなどした疑い。

 15年3月、男性が車を売るため、買い取り業者に査定を依頼。オークションに出品された車のメーター記録を管理するシステムに業者が照会したところ、改ざんが発覚し、男性が警視庁に相談した。前川容疑者が小野容疑者に改ざんさせていたという。

コメントを残す