石田ゆり子や田中美佐子の中古写真集が高値安定の理由 – エキサイト … – エキサイトニュース

Home » ショップ » プラモデル » 石田ゆり子や田中美佐子の中古写真集が高値安定の理由 – エキサイト … – エキサイトニュース
プラモデル コメントはまだありません



 アイドル写真集のコレクターなら知らぬ者はいない伝説の古書店・荒魂書店(あらたましょてん)が東京・神田神保町にある。古書市場でもめったにお目にかかれない写真集が並ぶ店内は、まさに宝の山。「写真集の聖地」の秘密に迫った。

「写真集の値付けは、肌の露出度、商品の状態、希少性を軸に行ないます」

 こう話す3代目店長・鎌田俊一氏(41)に、写真集の在庫1万点の中の高額商品を聞いた。知名度の低い頃に露出のある写真集を出し、それ以降セクシーショットを封印しているタレントは、必然的に上位にランクインする。

 代表例は、1990年代にミリオンヒットを連発したZARD坂井泉水だ。本名の蒲池幸子レースクイーンとして活躍していた1990年に出版された『NOCTURNE』は、現在の店頭価格がなんと19万円。

「髪の毛で胸を隠すなどセミヌードのカットが多く、90年代後半には10万円で仕入れて、20万円以上の値を付けてもすぐ売れました。一時期、落ち着きましたが、2007年の死去後、再高騰しました。写真集の紙質が良くなく、綺麗な状態を保っている写真集はさらに稀少。アーティストとして神格化されているので、ファンは帯付きの完璧に近いコンディションを求める傾向がある。お客さんのこだわりも価値に影響を与えます」(鎌田氏・以下「」内同)

 デビュー直後の石田ゆり子、3年目の田中美佐子、23歳の紺野美沙子の色っぽい写真集も高値で安定している。





コメントを残す