「えびす銭、返して」 縁起物の古銭、神社に戻らず悲鳴 – 朝日新聞

Home » ショップ » 古銭・記念硬貨 » 「えびす銭、返して」 縁起物の古銭、神社に戻らず悲鳴 – 朝日新聞
古銭・記念硬貨 コメントはまだありません



 福岡市の神社で200年続く「えびす銭(せん)」。古銭を参詣(さんけい)者に貸して1年後に返してもらう風習だが、返ってこないケースが近年多発している。このままでは風習が絶えかねないという。

 商売の神様として知られる福岡市博多区の十日恵比須神社。毎年1月8~11日に開かれる「十日恵比須大祭」には400軒の露店が並び、約100万人でにぎわう。

 人気の縁起物のひとつが財布の守り神とされる「えびす銭」。江戸時代の通貨「寛永通宝」などの古銭を1枚ずつ袋に入れ、1枚200円で授ける。

 権禰宜(ごんねぎ)の太郎良(たろうら)高光さん(31)によると、えびす銭は神様から借りるもの。参詣者は1年後に返してまた次の1枚を借り、「神様とのご縁」をつなぐ。年間を通じて授与しているが、大祭の時期に借りる人が過半を占める。神社からお金を借りて商売の「種」にし、繁盛のお礼に翌年2倍にして返す古い風習の名残だ。神社は約200年間、同じ硬貨を使い続け、年間10万枚ほどの古銭を貸し出す。

 ところが、十数年前からえびす…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら





コメントを残す