かわいい見た目と、高校生の心をもった生命体!? 『ポッピンQ』田上真里奈 … – BIGLOBEニュース

Home » ショップ » エアガン・モデルガン » かわいい見た目と、高校生の心をもった生命体!? 『ポッピンQ』田上真里奈 … – BIGLOBEニュース
エアガン・モデルガン コメントはまだありません





東映アニメーションが創立60年の節目におくるオリジナル劇場作品『ポッピンQ』が、12月23日(金・祝)より全国約221の上映館にて公開されます。中学生の女の子5人が、異世界“時の谷”での冒険を通じて、自分の心に向かい合っていく本作。そのなかで重要な役割を担うのが、人間と一心同体でつながる生命体、時の谷に暮らす“ポッピン族”です。

かわいい見た目に反して、「踊ることでエネルギーを生み出し、世界の時間を決められたとおりに動かす」という大事な役目をもっているポッピン族たち。今回は、ヒロインたち5人と心を通わすポッピン族5体を演じる、声優の田上真里奈さん(ポコン役)、石原夏織さん(ルチア役)、本渡楓さん(ダレン役)、M・A・Oさん(タドナ役)、新井里美さん(ルピイ役)にインタビューを実施。「かわいいけれどしっかり者」だというポッピン族について、主に演技の面から語っていただきました。 
田上さん演じるポコンは「高校生男子」

——みなさんが演じる“ポッピン族”の5体について、まずは、それぞれどんなキャラクターなのか教えていただけますか?

ポコン役・田上真里奈さん(以下、田上):ポコンは、伊純の“同位体”です! そもそも同位体ってなに? という方のために説明させていただくと、主人公たち5人それぞれに1体いる「心を通わす存在」です。ポコンには、伊純の考えていることや悩みが言葉にしなくてもわかります。

ポコンは5体のなかでもリーダー的なポジションで、みんなを引っ張っていくしっかり者です。伊純に対しても、彼女の気持ちをしっかり理解しながら、どこまで助言してあげるべきかを考えたりしています。ポッピン族のなかでも、特にいろいろと逡巡(しゅんじゅん ※ためらう事)があるキャラクターなのかもしれません。ポコンの成長物語としても、映画を楽しんでいただけると思いますよ! 
ルチア役・石原夏織さん(以下、石原):私が演じるルチアちゃんは蒼ちゃんの同位体で、ちょっとクールな女の子です。とてもしっかりしていて、リーダーのポコンを後ろから支える「影のリーダー」的な存在です(笑)。 
ダレン役・本渡楓さん(以下、本渡):ダレンくんは小夏ちゃんの同位体で、男の子だけど「ゆるふわ」な雰囲気で、とってもかわいい子です!

ポッピン族って、時を進めるためにダンスをする役目があるんですけど、踊っているダレンくんがまたかわいくって……。手足が短いんですけど、一生懸命がんばるんです。でも首を振るような動きをすると、たれ耳が目に当たっちゃったりして、見ていてとっても癒されます。劇中でも、小夏ちゃんに抱っこされるシーンが多いんです。そんな役だからか、私も小夏ちゃん役の種﨑(敦美)さんとお話すると、どこか安心してしまうようになりました(笑)。 
タドナ役・M・A・Oさん(以下、M・A・O):タドナちゃんはポッピン族のアイドル的な存在で、すごくかわいらしい女の子です。同位体のあさひさんと同じく、「かわいいもの好き」でもあります。あさひさんのかわいい仕草にタドナちゃんがすごく反応する、かわいいとかわいいを掛け合あわせたようなシーンもあるので、細かいところまで注目していただきたいです! 
ルピイ役・新井里美さん(以下、新井):ルピイは沙紀ちゃんの同位体で、しゃべったり主張したりするのが苦手な男の子です。とっても臆病なんですけど、心を閉ざしてしまっている沙紀ちゃんと、ほかのみんなとの間を取り持とうと必死にがんばります。声も手も震わせながら、仲間たちに沙紀ちゃんの気持ちを一生懸命うったえていって……。それがすごく健気なので、娘を心配するお母さんのような気持ちも、ちょっと演技に入っているかもしれません(笑)。私自身もルピイの同位体になったような気持ちでした(笑)。——お話をうかがっていても、ポッピン族はかわいらしい見た目に反して、どこか大人な印象を受けます。そのあたり、難しい役どころではなかったですか?

新井:ポッピン族の子たちって、基本的に精神年齢が高いんです。世界の時間を司っているという責任感を持っているので、そういった意味でも達観してるところがあって。私たちの住む世界とは時間の流れ方も違うので、人生経験も豊富なんだと思います。

田上:私たちの日常とは、スケール感の違う世界で生きている生命体なんですよね。宮原(直樹)監督に、人間でいうと何歳の感覚で演じればいいのかお聞きしたら、「伊純たちのひとつかふたつ上くらい」だと教えていただきました。ポコンは男の子だから……高校生男子なんです!(笑)

一同:(笑)

田上:ただ、あくまで微妙な年齢差なので、高校生のもつ「若い」面も、同時に心がけました。

石原:ルチアちゃんはポッピン族のなかでも特にクールな子なので、監督からは「もっと大人に寄せて大丈夫です」と、ディレクションしていただきました。

——ポコン、ダレン、ルピイは男の子で、ルチア、タドナは女の子……という性別については、演じる上でどのくらい意識されましたか?

M・A・O:タドナちゃんの場合は「ポッピン族のアイドル的存在」ということで、中性に寄せるというよりは、やっぱり女の子らしく、お姉さんの気持ちでやらせていただきました。

本渡:ダレンくんは、気を抜くと女の子っぽくなってしまいそうだったので、気をつけました。でもお兄さんというよりかは、小夏ちゃんの隣に寄り添うようなイメージでしたね。

——アフレコの前段階として、スタッフ&キャストで集まって読み合わせの機会があったそうですが、そこでいくらか役をつかむことができたのでしょうか?

田上:役作りのために、じっくり監督とお話しすることができましたね。読み合わせがあって本当によかったです!

新井:「こんな方が作品を作っていらっしゃるんだ! この仲間たちと一緒に演じるんだ!」といったことが事前にわかって、すごく心強かったです。そこでチーム感も生まれたと思います。

田上:あとは、読み合わせからアフレコまでたっぷり時間があったことも、役に近づくことができて良かったと思います。私と石原さんと本渡さんはアフレコ前にイベントもあったので、ずっと役と一緒に歩んでる感がありました。

新井:みんなバッチリ役をつかんでいたので、アフレコ本番でも、演技に関する基本的なディレクションはほぼなかったですね。

——宮原監督は『ポッピンQ』が長編初監督作品ですが、みなさんから見た監督の印象は?

石原:収録では、すごくドキドキしていらっしゃるみたいでした!

本渡:(雰囲気が)ふわふわ!

田上:ドキドキしてらっしゃるんですけど、場をすごく和ませてくださるんですよ。

新井:「とても良いと思います!」という言葉を、たくさん聞いた現場だったなぁと思います。

本渡:監督、最初から最後まで笑顔でしたよね!

新井:私たちは作品づくりのほんの一部分にしか関われませんけど、監督にしてみれば何年もずっと育ててきた作品なんですよね。そこにいよいよ命が吹き込まれるということで、やっぱりうれしかったんじゃないかなと思います。 
ポッピン族目線でヒロインたちを“見守る” 楽しみ方も

——完成した映画をご覧になって、みなさんはどんな感想をもたれましたか?

本渡:ものすごく爽やかで、青春をまた経験したような高揚感がありました。晴れやかで、幸せな気持ちで見終われる映画だと思いました!

田上:監督の人柄が、現場にも作品にも出ているんです。

新井:そう! 監督の愛があふれてます。まず、女の子の描き方がすごく丁寧なんですよね。お話も共感できますし。「男性がこういう映画を作っちゃうんだ! すごい!」と思いました。

一同:(笑)

田上:ジェットコースター的にストーリーが加速していくんですけど、その根底に「女の子たちのリアルな心情」という筋が、きちんと一本通っているんです。

——伊純たち5人は自分の悩みに向き合っていきますが、共感する部分などはありましたか?

新井:やっぱり10代のころって、親には話せない思いとか、自分ひとりで抱えてしまう悩みがあるよねぇ……と。そんなことを思い出しましたね。

田上:伊純は「なんであんなこと言っちゃったんだろう……」と悩むタイプで。私も似たような経験があったので、まさに同位体として感情移入できたかもしれません。私の場合、伊純ほどさっぱりしていなくて、もっとウジウジしていたんですけれど(笑)。伊純のそういうところは羨ましいな、とも思いました。

M・A・O:私も完全にタドナちゃん目線で(笑)、あさひさんが沈黙を破って自分の心の中を打ち明けるシーンにグッときました。「すごいなぁ、勇気出したんだなぁ」と思えて……。

石原:私は蒼ちゃんを見ていて、10代のころ、なにか「選択」をしなきゃいけないたびに戸惑っていたことを思い出しました。「悩みを誰かに打ち明けられれば、世界が変わって見えることもある」ということを、蒼ちゃんから発見させてもらった気がします。 
——それでは最後に、公開を楽しみにしているファンにメッセージをお願いします。

田上:『ポッピンQ』は、言いつくせないほど見どころがあって……。絵も音楽も素敵で、お客さんを引き込む力が強いんです。完全に劇場向けの作品なので、ぜひ映画館に足を運んでいただけたらなと思います!

M・A・O:ダンスシーンやアクションシーンも満載で、本当に色々な感情で楽しんでいただけると思います。伊純さんたち5人の少女たちと一緒に悩んで、一緒に解決の糸口を探して、最後は瀬戸(麻沙美)さんたち5人のキャストが歌う卒業ソング『さよなら。ありがとう。』を聴きながら、作品の余韻に浸っていただけたらうれしいです!

石原:『ポッピンQ』は、キャラクターがとってもかわいいんですけど、ストーリーがとにかく素晴らしいです。特に10代の方にとっては、今後の自分を考えるきっかけになるような作品かもしれない……とも感じているので、ぜひ見てほしいと思います!

新井:12月23日公開ということで、師走の大変忙しい時期でございますが(笑)、『ポッピンQ』は大切なお時間を使っていただく価値のある、素敵な映画になったと思います。年齢、性別関係なく楽しめますが、私は特に「中学校に通う娘とそのお母さん」が一緒に見ていただけたら、とってもうれしいです。

本渡:『ポッピンQ』は、まっすぐ心に刺さるセリフが、あっちこっちに散りばめられている映画だと思います。駅の改札を通ろうとしたら時の谷にいた……そこから冒険が始まるように、日常の世界とファンタジーの世界が、すぐ隣にあるように感じられる映画でもある気がします。時の谷に行く前と、帰ってきたあとに、つながりをすごく感じたんです。見終わったあと、普通に生活していくなかで、ふと伊純たちのことを思い出せる。そのたびに勇気をもらえる映画だと思います!

[取材&文・小林真之輔]

 
『ポッピンQ』作品概要12月23日(金・祝)全国拡大ロードショー

>>http://www.popin-q.com (映画『ポッピンQ』公式サイト)
>>https://twitter.com/popin_q_staff (映画『ポッピンQ』公式Twitter(@POPIN_Q_staff))





コメントを残す