朝霞の元警察官強盗殺人、きょう初公判 殺意争点 – 産経ニュース

Home » ショップ » 古銭・記念硬貨 » 朝霞の元警察官強盗殺人、きょう初公判 殺意争点 – 産経ニュース
古銭・記念硬貨 コメントはまだありません



 平成27年9月、朝霞市の無職、寺尾俊治さん=当時(58)=が自宅で殺害された事件で、強盗殺人、占有離脱物横領などの罪に問われた元浦和署巡査部長、中野翔太被告(33)=懲戒免職=の裁判員裁判が28日、さいたま地裁(佐々木直人裁判長)で午前10時から始まる。弁護側は殺意を否認し、傷害致死罪と窃盗罪に当たると主張する方針で、強盗殺人罪が成立するかが最大の争点となりそうだ。(宮野佳幸)

                   

被害金額でも相違

 起訴状によると、中野被告は27年9月3日午後、無施錠の掃き出し窓から寺尾さん方に侵入。現金を盗もうとしたが寺尾さんが在宅していたため、首を縄のようなもので絞めて窒息死させ、現金約121万6千円と記念硬貨123枚(64万7500円相当)を奪ったなどとしている。

 検察側は「殺害して現金を奪おうとした」とする一方、弁護側は首を絞めた時点での強盗の故意と殺意を否定し、「首を絞めたのは寺尾さんが大声を出し続け、近隣に聞こえて通報されることを恐れたため」と主張する方針。現金被害は約102万円にとどまるとしている。

続きを読む





コメントを残す