格安SIMの楽天モバイルでau端末を使う方法は? – SIMチェンジ

Home » ショップ » スマホ・携帯・白ロム » 格安SIMの楽天モバイルでau端末を使う方法は? – SIMチェンジ
スマホ・携帯・白ロム コメントはまだありません



この記事の目次


あなたがau契約でスマートフォンを使っている場合、もしくはau契約で購入したスマートフォンを「楽天モバイル」の格安SIMを利用したい場合にはどうすれば使えるようになるのでしょうか?基本的にはSIMロック解除が必要となりますが、その後使える対応バンドや周波数帯もチェックする必要があります。


そこで今回は「au購入スマホを楽天モバイルで使う方法」をまとめてみました。


楽天モバイルでauスマホを使うには「SIMロック解除」が必要

楽天モバイル」とは、ドコモ回線を利用した格安SIMサービスです。よってauで購入したスマートフォン/その他端末では「SIMロック解除」という手続きが必要になります。

では「なぜSIMロック解除が必要」なのでしょうか?まずはそこから確認してみましょう。

SIMロック解除とは

大手キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク/Y!mobile)で購入した端末には、ほとんどの機種に「SIMロック」というものがかけられています。

これは他の会社が提供する回線のSIMカードで使えないようにするためのロックで、SIMロックがかかっている状態だと、例えば「au購入の端末はSIMロックがかかったままドコモ回線SIMカードでは使えない」ことになります。楽天モバイルはドコモ回線を借り受けて通信サービスを提供しているので、同じようにそのまま使うことはできないのです。

ではどうすれば良いのでしょうか。ここで「SIMロック解除」がでてきます。

「SIMロック解除」を行えば、すでに説明したSIMロックを解除する=「au購入のスマートフォンを他社SIMカードでも使えるようにする」ことが可能です。こうすれば、楽天モバイルのSIMカードをKDDI販売の端末に挿入しても使えるようになります。

SIMロック解除の対応機種を確認するには?

ただし、1つ気をつけておきたいのが「対応バンド」と「周波数帯」が使えるかどうかです。

SIMロック解除後に対応バンド/周波数帯が使えるか確認

SIMロック解除をしても使えない場合があります。KDDIとNTTドコモは全て同じ回線を提供しているわけではないので、機種によっては対応バンド/周波数帯がマッチしていないと使えない場合もあります。

では「どうやって対応バンド周波数帯を調べるの?」という部分ですが、auでは該当端末をSIMロック解除した後に使えるバンドを公式サイトで掲載しています。

SIMロック解除が可能なau携帯電話などの実装周波数帯一覧 -KDDI-

こちらのページから、文字通りSIMロック解除した後の対応バンド(バンド~)と周波数帯(~Hz)が記載されています。Apple製品の例を見てみましょう。



出典:KDDI

他のブランドのスマートフォンやタブレットも、同じように一覧で確認することができます。iPhoneやiPadは対応している周波数帯が多いのでほとんど問題ないですが、別のAndroidスマートフォンだといくつか対応しておらずドコモ回線では使いづらい機種もあるのでチェックしておくと良いでしょう。

以下の表は各キャリアの対応バンド表です。NTTドコモと照らし合わせて、そのバンドが使えるかチェックしておくことが必要です。

バンド/周波数

NTTドコモ

au

ソフトバンク 

バンド1/2.1GHz W-CDMA、LTE CDMA2000、LTE W-CDMA、LTE
バンド3/1.8GHz LTE
バンド6/800MHz W-CDMA
バンド8/900MHz W-CDMA、LTE
バンド9/1.7GHz
バンド11/1.5GHz LTE W-CDMA
バンド18/800MHz CDMA2000、LTE
バンド19/800MHz W-CDMA、LTE
バンド21/1.5GHz LTE
バンド26/800MHz LTE
バンド28/700MHz LTE LTE

インターネット通信はLTE、通話は3Gをみておくと良いでしょう。理由は

  1. VoLTE(LTE経由で通話をする)が(現状)各社互換性のあるものではない
  2. auはCDMA2000系、ドコモはW-CDMAという方式を3Gに利用している=互換性がない

ということがあるのですが、幸い先ほどのauが公表しているSIMロック解除後の対応バンド表は親切にW-CDMA(ドコモが利用している3G回線)のバンド表をしっかり掲載しています。

では「どのLTEと3G(W-CDMA)バンドに対応していれば使えるか」という部分が重要ですが、これはNTTドコモのサービスエリアをLTE速度別エリアにして調べると、最大速度と回線の周波数帯を照らし合わせることで大まかに使いたいエリアで提供されているバンド構成は調べることはできます。



出典:NTTドコモ サービスエリア

ただし、これらを最大速度と照らし合わせながら自分で対応バンドや周波数帯を確認するのは手間もかかりますし、完璧に調べようとするのは至難の業。もし完璧にチェックしたいなら、ドコモショップへ行くなりしてスタッフの方に調べてもらうのがベストでしょう(※もちろんこういった確認作業をドコモショップの店員も普段することは多くはないはずなので、時間がそれなりにかかるであろうことには注意しておく必要があります)。

新たにSIMフリースマホを購入するのもアリ?

上記で紹介したような確認作業をしても「絶対に使えるという確証はどこにもない」ですし、確認作業をするにもかなりの時間と労力を要します。

もし現在持っているauスマホも古くなっているということであれば、楽天モバイルで最初からSIMロックのかかっていないスマホ=SIMフリースマホをセット購入することも可能です。幸い楽天モバイルは端末のラインナップが他社と比較しても豊富ですし、割引キャンペーンが最も多い格安SIMブランドの1つ。これらもチェックしておきましょう。



公式サイト:楽天モバイル


またドコモ回線でなく「au回線を利用した格安SIM」ならau購入の端末を使えるサービスは多いです(SIMロック解除は必要な場合が多くありますが)。これらもチェックしておくと良いでしょう。



au回線のSIMプラン公式サイト

IIJmio タイプA

mineo(マイネオ) Aプラン

UQ mobile(UQモバイル)

楽天モバイルでau機種を使う場合の月額料金

au購入の端末をそのまま利用するのであれば機種代金はもちろん0円です。月額料金を確認しておきましょう。

楽天モバイル

月額料金
データSIM
SMSなし

月額料金 050データSIM (SMS付き)

月額料金
通話SIM

高速通信容量

通信速度

SIM枚数

ベーシックプラン 567円 696円 1,350円 200Kbps 1枚
3.1GBプラン 972円 1,101円 1,728円 3.1GB/月 下り最大262.5Mbps
上り最大50Mbps
1枚
5GBプラン 1,566円 1,695円 2,322円 5GB/月 下り最大262.5Mbps
上り最大50Mbps
1枚
10GBプラン 2,440円 2,570円 3,196円 10GB/月 下り最大262.5Mbps
上り最大50Mbps
1枚
20GBプラン 4,374円 4,503円 5,130円 20GB/月 下り最大262.5Mbps
上り最大50Mbps
1枚
30GBプラン 5,886円 5,961円 6,642円 30GB/月 下り最大262.5Mbps
上り最大50Mbps
1枚

容量の選択肢は20GB/30GBの大容量プランが最近追加されたことで豊富になりました。通話SIMは月額1,350円~から利用可能なので、auから乗り換えて使う場合に、毎月の通信費は安くなるケースがほとんどでしょう。

格安SIMは通話が高いと思われがちですが、楽天モバイルには「5分かけ放題オプション」を使うことで1回5分のかけ放題を利用することもできます。通話通信ともに安く使えるのが特徴なので、格安SIMへの乗り換え先としては、バランスの取れている楽天はオススメです。


公式サイト:楽天モバイル

楽天モバイルをauスマホで使うには・まとめ

SIMロック解除と対応バンドの確認をおさえておけば、auで買ったスマートフォンをドコモ系のSIMカードで使うのはそこまで難しいことではありません。確認作業が面倒な場合にも楽天モバイルはSIMフリーの端末を沢山用意しているので安心ですね。


公式サイト:楽天モバイル


多くのサービスからおすすめのSIMプランを探すには「SIMチェンジプラン診断」を試してみましょう。





コメントを残す