コンピレーションアルバム「東京レコード散歩」レコード会社3社から同時発売 – PONYCANYON NEWS

Home » ショップ » CD・DVD・レコード » コンピレーションアルバム「東京レコード散歩」レコード会社3社から同時発売 – PONYCANYON NEWS
CD・DVD・レコード コメントはまだありません

toukyoup

聴きながら東京散歩の雰囲気を体験できるとともに、その時代時代に東京はどのように歌われてきたのかを歌謡曲と東京の親密な関係性が再確認できるコンピレーションアルバム「東京レコード散歩」が、レコード会社3社より2016年11月30日に発売される。

歌謡曲に欠かすことのできない一つのジャンル “ご当地ソング” は、日本全国津々浦々にその土地の魅力が歌われ、多くの人に親しまれてきた。今作は、2020年の東京オリンピックに向けて、大きく変貌を遂げつつある首都・東京に特化した視点で、タイトルや歌詞に東京が出てくる曲のみで構成された新企画のコンピレーションアルバム。ソニー・ミュージック・ダイレクト、日本コロムビア、ポニーキャニオンの3社の共同企画として3作同時にリリースされる。

この「東京レコード散歩」は元々ウェブサイト「歌謡曲リミテッド」(http://kayo.musicshelf.jp/)で連載されていたコラムのタイトルで、2014年8月の連載開始以来、約20の街を紹介されていた。それを大幅改定、加筆したものが書籍「東京レコード散歩 ~昭和歌謡の風景を訪ねて~」(鈴木啓之・著)として2016年6月に東京ニュース通信社より発売されている。
今回、その著者でもあるアーカイヴァー・鈴木啓之氏が、CDのコンピレーションの選曲と監修を務めている。


【鈴木啓之氏 コメント】
recordsanpoh1_obi東京で生まれ育った自分にとってはそれらこそが故郷の歌であり、長い間愛おしく思い続けてきた作品たちである。実際に東京の街を訪ねながら、それらの歌を紹介すると共に、懐かしい風景やかつて存在したレコード店のことなどを綴ったのが拙著『東京レコード散歩』(東京ニュース通信社・刊)だが、書籍ではどうしても伝えられないのが音。そのジレンマが本コンピレーションCDの実現によって解消されることとなった。二度目の東京オリンピックを間近に控え、日々めまぐるしく変貌し続けている東京の街を眺めながらこれらの歌を聴いていると、今はもう失われてしまった建物や街並の記憶が甦ってくる。ターンテーブルの上を滑らかに駆けゆくレコード針の如く、優雅で抒情豊かな音楽の散歩をお愉しみください。

■リリース情報
「東京レコード散歩」
各2016年11月30日発売
東京レコード散歩共同特設サイト:http://www.110107.com/tokyo-record-sampo

●「東京レコード散歩 青山レイニィ・ナイト」(ポニーキャニオン)
PCCA-04451 ¥2,500+税

●「東京レコード散歩 ウィークエンドの公園通り」(ソニー・ミュージックダイレクト)
MHCL-2653ASIN: B01LX9HB8C ¥2,500+税

●「東京レコード散歩 恋の山手線」(日本コロムビア)
COCP-39778 ¥2,500+税

コメントを残す