1号でサンダーバード1号が完成…デアゴスティーニの新シリーズ – レスポンス

Home » ショップ » プラモデル » 1号でサンダーバード1号が完成…デアゴスティーニの新シリーズ – レスポンス
プラモデル コメントはまだありません

パートワーク(分冊百科)で定評のあるデアゴスティーニ・ジャパンは25日より、1/144スケール、全長243mmの「サンダーバード1号」が完成するプラモデル付きムック『サンダーバード1号をつくる』を発売する。模型はこの号1冊のキットだけで完成する。

デアゴスティーニでは、知識やハウツーを週刊あるいは隔週刊で少しずつ紹介するパートワークを主に出版している。その中の「組み立てる」シリーズは、各号に付属するパーツを少しずつ組み立て、ひとつの模型を完成させるものだ。2016年1月から刊行中の週刊『サンダーバード2号&救助メカ』は全80号で、1/144スケールのサンダーバード2号と救助メカを組み立てるシリーズとなっている。

これの発売後、「同スケールで1号も組み立てたい」というリクエストが多くあり、デアゴスティーニ初となる“1冊で完成するホビコムムック”第1弾として、サンダーバード1号のプラモデルキットが付属し、サンダーバードの情報も得られるムックを刊行することになった。

ムックには、サンダーバードを楽しむための情報を掲載した。ムックでは、サンダーバード1号の基本性能やギミック、1号が活躍するエピソードを紹介するだけでなく、描きおろしの透視図を用いて機体内部を解説する。「プラモデルカタログ」では、過去のサンダーバード1号のプラモデルの系譜を掲載している。

プラモデルキットには、機種耐熱コーンとエンジンユニットの各部分がそれぞれレッドとブルーの成型色パーツが付属しており、好みで総アルミ色仕上げか、レッドとブルーの成型色仕上げを選べる。

価格(税込)は3480円、ムックはA4変型判32ページ。

コメントを残す