iPhoneのネットワーク利用制限を確認するには? – SIMチェンジ

Home » ショップ » スマホ・携帯・白ロム » iPhoneのネットワーク利用制限を確認するには? – SIMチェンジ
スマホ・携帯・白ロム コメントはまだありません

この記事の目次


製造番号を使って通信を制限する「ネットワーク利用制限」ですが、iPhoneやiPadの利用制限状況を確認する方法にはどのようなものがあるでしょうか?今回は白ロム端末を購入する注意点や、NTTドコモ/KDDI(au)/ソフトバンクの3キャリアの公式ホームページで制限有無を確認する方法をまとめました。


iPhoneでネットワーク制限を確認する方法

NTTドコモ、au、ソフトバンクなど、通信キャリアでは「ネットワーク利用制限」というものを設けています。今回は各社Cellular版iPhone/iPadで確認する方法を紹介します。

ネットワーク利用制限とは

そもそも「ネットワーク利用制限」とは何でしょうか。これらは「携帯電話の製造番号をシステムに登録することにより、通話や通信の利用を制限する機能」です。

なぜこれらの制限が存在するかというと、不正契約や不正利用を防ぐためです。近年携帯電話は不正契約もあり、書類偽造や不正利用に利用されることも多いのが実情です。これらが発覚した段階で通信・通話の制限をかけることで、不正な利用を防ぐことができます。

中古のiPhoneを購入する際には、これらの制限がかかっていないか確認しておくことが必要です。また利用できる状態でも「△」で分割払いが終わっておらず、何らかの理由で支払いが滞った時にネットワーク利用制限がかけられる可能性もあるので、特に注意しておくべきと言えるでしょう。

iPhoneの製造番号(IMEI)を確認する

ネットワーク利用制限を確認するには、各社のウェブサイト上でiPhone/iPadの「IMEI(製造番号/識別番号)」を入力する必要があるので、これらの番号を確認しておく必要があります。

「設定」>「一般」>「情報」の順に進むことでIMEI(15桁)の項目が出てくるので、こちらを各社が提供している利用制限確認のウェブサイト内で入力しておきましょう。

ios10-iphone7-settings-general-about
出典:Apple

もし設定画面で確認できない時、iPhone 7/ 7Plus/ 6s/ 6s Plusの場合は「SIMトレイ」にIMEI/MEIDが表示されています。こちらも活用しましょう。

iphone6s-SIM-card-illustration
出典:Apple

iPhone 6/ 6 Plus/ SE/ 5s/ 5c/ 5の場合は、本体背面にIEMI/MEIDが記載されています。

iphone6-imei-back-device
出典:Apple

NTTドコモでiPhoneのネットワーク利用制限をチェック


出典:NTTドコモ

NTTドコモの専用サイトがありますが、こちらに「IMEI」を入力します。さきほど確認したIMEI15桁で確認しましょう。

ちなみに「△」は、「平成21年10月1日以降に購入された携帯電話機で調査中のもの」「ドコモの分割払い等を利用した携帯電話機は、代金滞納となる恐れがある期間中」などの場合に表示される可能性があります。「△」でも利用には問題がありませんが、代金の未払いが発生した、不正契約が行われたiPhoneだった、などが発生した場合には制限がかけられる可能性もあるので注意しておきましょう。

また制限のかかっていない携帯電話であっても、その後不正に取得された携帯電話で発覚した場合は制限の対象となることもあります。よって購入経路が不明な端末はそういったリスクがあることもあらかじめ覚えておくと良いでしょう。

KDDI(au)でiPhoneのネットワーク利用制限をチェック


出典:ネットワーク利用制限携帯電話機照会 KDDI/au

au/KDDIでネットワーク利用制限を確認する際も、IMEI (半角数字15桁) もしくはMEID (半角数字14桁)を入力する点は同じです。

ソフトバンクでiPhoneのネットワーク利用制限をチェック


出典:ソフトバンク

ソフトバンクのホームページでも、同じく番号を製造番号を入力するだけです。

白ロム→赤ロムになる可能性は?

通信制限のかかっていない白ロムであっても、赤ロム(利用制限がかけられた状態)になる可能性もあります。

参考:ヤフオクで中古スマホを買うときに気をつけるべき事

例えば中古で購入した時は分割支払いが行われており、自分が購入した後に分割支払いが滞り赤ロムになってしまうことがあります。中古端末は安く購入できるというメリットはありますが、リスクも伴うことも覚えておきましょう。

中古でiPhoneを販売しているショップによっては「赤ロム保証」「赤ロム永久保証」などを提供しているショップもあります。例えばこういったショップでは、端末が購入後赤ロムになった場合に返金や同機種に交換といった対応を取ってくれるところも。どうせ購入するならそれらの保証があり、なおかつ評判の良いショップを選択するのがベストです。


iPhoneとネットワーク利用制限まとめ

中古のiPhoneを利用する場合には、ネットワーク利用制限をしっかり確認し、また購入後赤ロムになってしまった場合の補償などもあることをチェックしておくのも重要です。特にiPhoneの場合は端末価格が元々高いこともあるので、しっかり情報を確認して運用したいですね。

本体価格の下がりにくいiPhoneより安く利用するには、月額料金の安い「格安SIM」での利用がオススメです。おすすめプランは下記の「SIMチェンジプラン診断」から無料で診断できるので、まだ格安SIMに乗り換えていない方、すでに格安SIMを利用しているけど適正料金か疑問を感じている方は、ぜひ試してみましょう。

コメントを残す