新型「NSX」の実車展示もある「全日本模型ホビーショー」開幕 – Car Watch

Home » ショップ » プラモデル » 新型「NSX」の実車展示もある「全日本模型ホビーショー」開幕 – Car Watch
プラモデル コメントはまだありません

本田技研工業の新型「NSX」のプラモデルやRCカーとともに実車が展示された

 日本プラモデル工業協同組合が主催する「2016 第56回 全日本模型ホビーショー」が9月23日に開幕した。会場となる東京ビッグサイトには、本田技研工業の新型「NSX」をモデルにした新商品とともに実車などが展示されている。9月24日~25日は一般公開日で、入場料は一般が1000円、中学生以下は無料。

 同イベントではタミヤ、京商、バンダイ、トミーテックなど、国内外のメーカーがブースを用意して、模型やラジコンなどホビー関連の新商品を多数展示する展示会。この記事では各ブースで披露された新商品などを紹介していく。

京商

 京商は、未来のクルマをイメージした「ドローン・レーサー」を発表した。ドローン・レーサーは高度の調整を自動で行ない、地上35cmと60cmの2種類の高さで地面すれすれを滑空。ホイールコントローラーで操作可能とするなどRCカーのような操作感を実現させたという。

TOMYTEC

 TOMYTEC(トミーテック)は、鉄道模型の「トミックス40周年記念特設コーナー」を展開。トミーテックミニカーは「トミカリミテッドヴィンテージ」「チョロQzero」などの新製品を展示した。

アオシマ(青島文化教材社)

 アオシマは、12月発売予定のプラモデル「ホンダ CB400FOUR-I・II(398cc)」とともにモデルとなった実車を展示した。

ホンダ CB400FOUR

ホンダ CB400FOUR

コメントを残す