新しいApple Watchは「音声入力」がスゴかった:スマートウォッチの実像 – 日経トレンディネット

Home » ショップ » スマートウォッチ » 新しいApple Watchは「音声入力」がスゴかった:スマートウォッチの実像 – 日経トレンディネット
スマートウォッチ コメントはまだありません



 耐水性能、GPS内蔵、デュアルコアプロセッサー、2倍明るいディスプレーなどを搭載した新しい「Apple Watch Series 2」。初代Apple Watchを1年半使い続けてきた筆者が、新製品のファーストインプレッションをお届けする。

[画像のクリックで拡大表示]

何をするにも反応がいい

 Apple Watch Series 2(以下、Apple Watch 2)の第一印象は、「とにかく速い!」。何をするにも反応がよく、これまで、Apple Watchを使うと遅いと感じていた操作もストレスなくできるようになっている。

 実は、Apple Watch 2を入手する2日前に、初代Apple WatchのシステムをwatchOS 3にバージョンアップし、反応速度の改善に感激したところだった。腕を上げて画面が表示するまでのタイムラグがわずかに短くなり、よく起動するアプリの切り替えも速くなった。

 watchOS 3にバージョンアップすれば、Apple Watch 2は買うまでもなかったかなと思いもしたのだが、さすがにデュアルコアプロセッサー搭載のApple Watch 2は、その先が違った。

 もっとも実感しているのは、音声入力に対する反応の速さだ。Apple Watchでアプリに対して何らかの指示をするには、音声入力が欠かせない。アプリを起動するのも音声アシスタントのSiriを使う。

 Apple Watchを口元に近づけて話すわけだが、これまでは、話し終わっても反応がなく、1〜2秒画面を見ていると、自分の話した言葉がポツリポツリと画面に表示されていくことがよくあった。Apple Watch 2は、すぐに反応して画面に文字が表示される。使っているうちに、最後まで画面を見ている必要もないことが分かってきた。話すだけ話してすぐに腕を下ろしても、ちゃんと認識されている。たったこれだけのことなのに、Apple Watchでの操作が一気に快適になった。

 「メッセージ」アプリの使い方も変わった。受信したメッセージをApple Watchで確認し、その場で音声入力で気軽に返事できるようになった。もちろんこれまでもできたが、要はもっと「さりげなく」できるようになったので、確認だけで済まさなくなったということ。

 その他、以前から口述メモのためにApple Watchに「Evernote」アプリをインストールしていたが、音声入力の反応が速くなったことで、これもグンと使えるレベルになった。



Apple Watch 2のステンレススチールケース、42mmモデルを購入。文字盤はwatchOS 3で追加された「アクティビティアナログ」をカスタマイズして使用している

[画像のクリックで拡大表示]

Apple Watch 2では音声入力の反応が速くなったので、返信も気軽にできるようになった

[画像のクリックで拡大表示]

音声入力の反応が速くなったことで、音声メモ用に以前からApple Watchにインストールしていた「Evernote」もようやくストレスなく使えるように。思いついたことをこまめにメモしている

[画像のクリックで拡大表示]



コメントを残す