ジャパンベストレスキューシステム、リフォーム会社のリペア支援へ – リフォーム産業新聞

Home » リペア » ジャパンベストレスキューシステム、リフォーム会社のリペア支援へ – リフォーム産業新聞
リペア コメントはまだありません

ジャパンベストレスキューシステム、リフォーム会社のリペア支援へ

ジャパンベストレスキューシステム

笠井篤史 取締役執行役員 リペア領域カンパニー長 兼会員領域カンパニー長

1229号 (2016/08/23発行) 12面

このエントリーをはてなブックマークに追加


LINEで送る

ジャパンベストレスキューシステム 笠井篤史 取締役執行役員 リペア領域カンパニー長 兼会員領域カンパニー長ジャパンベストレスキューシステム
笠井篤史 取締役執行役員 リペア領域カンパニー長 兼会員領域カンパニー長

 ジャパンベストレスキューシステム(以下JBR・愛知県名古屋市)は、経営不振に陥っていたリペアワークス(神奈川県相模原
市)を5月に買収した。生活トラブル解決の駆けつけサービスを提供するJBRでは、譲り受けたリペア(補修)事業を武器に、リフォーム会社とのアライアンス(連携)を強化していく計画だ。笠井篤史取締役執行役員にその展望について聞いた。

30万件の困りごと解決

――リペアワークスさんの事業が御社に譲渡されてしばらく経ちましたが、今、どんな状況ですか。

 リペアワークスの会社組織はなくなり、今はリペア事業部として約60人の社員が引き続き在籍しています。フランチャイズ(FC)事業は廃止しました。ただ、今までのFC加盟店さんもいますので、そのお店にJBRの協力店という形で再度契約してもらっています。リペアワークスがやっていた売り上げ保証や案件保証の制度は一切なくしました。FC展開における売り上げ保証は、経営的に無理なスキームだったと思っています。

――今まで御社ではやっていなかった、床面や壁のリペア事業を譲り受けた理由は何ですか。

 JBRグループの加盟店は、鍵、水まわり、ガラスの交換などで年間約30万件の顧客の家に駆けつけていますが、売り上げ単価を上げるツールとして、リペアが一番はまるだろうと考えました。加盟店さんにリペア技術を習得していただき、お客様の困りごとの対応範囲を広げてほしいと考えています。

――リペアは単価が低いので、リフォーム会社があまりやりたがらない分野でもあります。

 私どものように、本業とは別に展開するのに良い商材だと思います。リフォームの前段階に当たる「補修リペア」ですね。床の傷などはお施主さんも気になっているけれど、どこに頼んでよいか分からないジャンルです。だからこそ、お施主さんの目の前で補修すると効果がはっきり分かり、とても喜んでいただける。リペアはある種、「感動を与えるサービス」だと思います。

営業マンがリペアを

――リペアワークスが行っていたリペアサービスの種類は多岐にわたっていますね。

 取引先の7~8割が新築の会社で、お施主さんへの引き渡し前に小さな傷などを補修する仕事が中心でした。でも引き渡し前の新築住宅はきれいなのが当たり前。今後は既存の住宅を視野に入れ、リフォーム会社とのアライアンスを強化します。

――リフォーム会社の営業マンがお施主さんの目の前で床の傷を修理したら、感動してくれそうです。

 リフォーム会社さんからは、リフォーム中の作業ミスによる傷の補修を依頼されたりしています。でも今後はリペアを営業に使うべきですね。例えば、リペアの技術をリフォーム会社の営業マンに覚えてもらい、部品は弊社から買ってもらう仕組みをつくろうと思います。

JBR フローリングの劣化も元通りにフローリングの劣化も元通りに

客の囲い込みの武器に

――JBRグループの既存事業でも、大手企業とのアライアンスによる駆けつけサービスを展開しています。客の囲い込みにリペアは武器になりそうです。

 最近で面白いのは、新聞販売店さんとの連携です。地域の新聞購読者が月数百円の会費を払い、困りごとが発生したときにJBRのスタッフが駆けつけて各種サポートを割引価格で提供します。今後、リペアのサービスも提供していきたいです。

――今はあらゆる業界で顧客とのつながりをキープするのに必死です。リフォーム会社も頑張らないといけませんね。

 リペアサービスは、JBRの駆けつけサービスとの親和性が非常に高い。今後は中堅のリフォーム会社さんなどと連携し、効果が出る企画を立てるのが目標です。


会社概要
本社 * 愛知県名古屋市中区 / 設立 * 1997年2月 / 売上高 * 121億円(2015年9月期) / 資本金 * 7億7964万円(同年9月現在) / 従業員数 * 連結158人、単体124人(同)

コメントを残す