“谷垣ショック”の余波続く…自転車愛は筋金入り、異色の「名人」復帰待つ業界 – 産経ニュース

Home » ショップ » ロードバイク・自転車 » “谷垣ショック”の余波続く…自転車愛は筋金入り、異色の「名人」復帰待つ業界 – 産経ニュース
ロードバイク・自転車 コメントはまだありません



 7月中旬にロードバイクで転倒し、頸髄(けいずい)損傷の重傷を負った自民党の谷垣禎一前幹事長。実は自転車歴50年を誇り、多忙な公務の合間を縫って自らサイクリングを楽しんできたほか、愛車を展覧会に出品するほどの筋金入りのマニアだった。自転車関連の議員連盟やサイクリング団体の会長を長年務め、業界のリーダーとしても活躍してきた。自転車の愛好者や業界関係者の間では今なお“谷垣ショック”の余波が続いている。(上野嘉之)

事故が国家的関心事に

 谷垣氏は7月16日午前、皇居の桜田門付近で転倒。病院へ搬送されて入院し、その後は公の場に一切姿を見せていない。

 関係者によると、段差を乗り越える際にタイヤのグリップを失い、転倒したのではないかという。谷垣氏が愛用するヴィンテージロードバイクは、往年のレース仕様を踏襲し、特に細いスリックタイヤが装着されていたという。

 自民党は当初、谷垣氏のけがの程度は軽傷と発表していたが、やがて頸髄損傷と判明。事故の影響は組閣や党要職人事を揺るがし、まさに国家的関心事となった。

マニア垂涎の一品

 希少な高級自転車がズラリと並ぶ展覧会で、谷垣氏のロードバイクが光り輝いていた。平成26(2014)年5月、東京・青山で開かれた「自転車博覧会2014 IN AOYAMA」。1964(昭和39)年の東京五輪で使用された競技用自転車などと共に、当時法務大臣だった谷垣氏の愛車も目玉の一つとして出品された。

少年の目でキラキラ…あの忌野清志郎、俳優の鶴見辰吾、元F1ドライバーの片山右京らと





コメントを残す