大手キャリアの白ロム端末はSIMロック解除できる? – SIMチェンジ

Home » ショップ » スマホ・携帯・白ロム » 大手キャリアの白ロム端末はSIMロック解除できる? – SIMチェンジ
スマホ・携帯・白ロム コメントはまだありません



この記事の目次


大手キャリアで購入した白ロム端末はSIMロック解除ができますが、中古購入のスマートフォンはアンロックできる条件が会社によって異なります。格安SIMでお得に格安スマホを利用するためにも、内容をしっかり確認しておきましょう!


白ロムとは

白ロムとは、SIMカードの入っていない端末のことを指します、これに電話番号の入ったSIMを差し込むと、その番号が機種内のROMに書き込まれることで番号の入ったスマートフォンとなります。

つまり「ROMに番号情報が入っていない=白ロム」という風に一般的には呼ばれているのです。

この「白ロム」は、リサイクルショップや中古携帯電話の販売サイトでよく見かけることがあります。なので格安SIMで中古のスマートフォンを利用したい場合は、この白ロム端末を購入することになります。

赤ロムには注意

白ロムとは別に、「赤ロム」というものもあるので注意が必要です。赤ロムとは犯罪行為により入手した携帯電話や不正契約、またキャリアの補償サービス利用などがあった場合に利用制限がかけられている状態のことを指します。

赤ロムの対象となる例

不正に契約された端末など

分割払いなどが滞った端末など

上記のような端末はキャリア側からロックをかけることがあり、これによってデータ通信や通話が使えなくなる、というわけです。なので中古端末は赤ロムに気を付けなければいけません。

ちなみに各キャリアのホームページから「ネットワーク利用制限」というものを確認できます。こちらで「△」や「×」のものは、中古端末としての購入を控えたほうが賢明です。

ドコモにおけるネットワーク利用制限の例

「○」ネットワーク利用制限対象外の端末

「△」利用可能だが詳細を調査中、もしくは端末分割払い中で代金滞納の可能性があるもの

「×」利用制限中

「-」製造番号が確認できない

上記のことからわかるように、中古端末を購入する場合には各キャリアのホームページから製造番号を入力し、その端末が利用制限の対象外となっていることを確認するのが大切です。

中古端末は安全?

中古端末の白ロムは、例え利用制限がかかっていなくても100%安全とは言えません。例えば後の調査で不正に入手された端末であることがキャリア側で発覚した場合にはネットワーク利用制限の対象となる可能性があるので、自分で新品のスマートフォンを正規購入するのが一番安全ということは頭に入れておきましょう。

大手キャリアでSIMロック解除をするには

すでに紹介した「白ロム」は、キャリアでの手続きによってSIMロック解除の手続きをすることが可能です。ただし中古端末をアンロックする場合には「au/KDDIの端末のみ」となるので注意しておきましょう。(2015年5月以降に発売された機種の手続き方法内容)

ドコモ

NTTドコモのSIMロック解除は、基本契約者本人の購入履歴がある端末のみアンロック手続きを受け付けています。リサイクルショップなどから購入した中古白ロムを新たに自分でSIMロック解除するのは、正規の方法ではほぼ不可能となるので気を付けておきましょう。

  • ネットワーク利用制限、おまかせロック等の各種ロックがかかっていないこと
  • ご利用料金のお支払実績が確認できること
  • 契約者ご本人の購入履歴がある機種であること
  • 端末購入日から6か月以上経過していること(※対象回線におけるSIMロック解除実績 ※4があり、かつ前回のSIMロック解除受付から6か月以上経過している場合は、端末購入日から6か月経過していない場合でもSIMロック解除の手続きが可能。回線契約期間中に受付したSIMロック解除が対象)
  • すでにドコモを解約済の方は、解約日から3か月以内であること

ただしドコモ系の格安SIMで利用する場合には、ドコモ購入の端末ならSIMロック解除が必要なくそのまま使えます。現在はドコモ回線を利用したMVNOがほとんどなので、中古端末を購入するならドコモ系のスマートフォンが一番使いやすいとも言えます。

au/KDDI

auだけが購入者でなくともOK(持ち込み、本人確認書類必要)になっています。なので中古で購入した白ロムに関しても、購入日から180日以上経過しているスマートフォンであればアンロック可能なので便利です。

  • 2015年5月以降に新たにauで発売されたSIMロック解除機能対応のスマートフォン/タブレット/Wi-Fiルーターなどであること。(SCV31を含む)
  • 機種購入日から180日以上経過している機種であること。
  • ネットワーク利用制限中のau携帯電話でないこと。

少しややこしいのが「au購入のVoLTE対応スマホ+au系の格安SIM」で使いたい場合には、たとえau購入の端末であってもSIMロック解除をしないと使えません。契約者以外でもSIMロック解除手続きができるようになっているのは、こういった制限があるからとも言えます。

ソフトバンク

ソフトバンクでのアンロック手続きも基本的には契約者本人のみとなっています。

  • 購入日(当社システムにて記録されている販売日等)より181日目以降に可能
  • 解約済み製品のSIMロック解除の手続き可能期間は、解約後90日以内(契約していた本人のみ)。
  • 安心遠隔ロックなど製品の機能を制限するサービスを利用中の場合、これらのサービスを解除後に手続き可能
  • 対象の製品に故障や水濡れがある場合は手続き不可。故障修理が完了してからならOK
  • ネットワーク利用制限製品は手続き不可

ソフトバンク系の回線を利用した格安SIMは現在一般消費者向けに提供されていないので、基本的にはdocomoやau系SIMで使うためにSIMロック解除が必要です。なので白ロム端末を中古市場で購入する場合には、ネットワーク利用制限が「○」になっている、かつSIMロック解除済みの端末を選ぶのがベストです。

MVNOの動作確認済み端末を確認しよう

MVNO各社は、そのスマートフォンが利用可能がどうか「動作確認済み端末」というものを公開しています。こちらに書いてある端末であればほぼ確実に利用OKで安心なので、確認しておきましょう。

またこちらに記載されていない端末でもSIMロック解除済みであれば対応バンドや通信規格さえ合っていれば使える機種もあります。

参考になるのはドコモ/au/ソフトバンクが公表している「SIMロック解除対応機種と対応周波数帯」の表です。アンロック手続きをした後、各機種で使える対応バンドが一覧になっているので、こちらを確認しておくと便利です。

MVNOでSIMフリースマホをセット購入が一番安全

すでに説明したように中古の白ロム端末は購入後に利用制限をかけられることもあり100%安全とは言い切れないので、どうせ購入するなら「動作確認がしっかりとってあって、新品で安心」なMVNOでのセット購入が一番安全です。

楽天モバイル

SIMフリースマホの割引キャンペーンや取り扱い機種の多い「楽天モバイル」は、月額料金も安くかけ放題も使える格安SIMです。ドコモの通信網が利用可能です。

楽天モバイル

月額料金
データSIM
SMSなし

月額料金 050データSIM (SMS付き)

月額料金
通話SIM

高速通信容量

通信速度

SIM枚数

ベーシックプラン 567円 696円 1,350円 200Kbps 1枚
3.1GBプラン 972円 1,101円 1,728円 3.1GB/月 下り最大262.5Mbps
上り最大50Mbps
1枚
5GBプラン 1,566円 1,695円 2,322円 5GB/月 下り最大262.5Mbps
上り最大50Mbps
1枚
10GBプラン 2,440円 2,570円 3,196円 10GB/月 下り最大262.5Mbps
上り最大50Mbps
1枚
20GBプラン 4,374円 4,503円 5,130円 20GB/月 下り最大262.5Mbps
上り最大50Mbps
1枚
30GBプラン 5,886円 5,961円 6,642円 30GB/月 下り最大262.5Mbps
上り最大50Mbps
1枚


公式サイト:楽天モバイル

mineo

ドコモかauの回線が選べる「マイネオ」は、その回線に対応したスマートフォンがセット購入できるようになっています。

mineo

auプラン(Aプラン)

月額料金

シングルタイプ

データ通信専用SIM

月額料金

デュアルタイプ

音声対応SIM

高速通信容量

通信速度

SIM枚数

500MB 756円 1,414円 500MB/月 受信最大225Mbps

送信最大25Mbps
1枚
1GB 864円 1,522円 1GB/月 受信最大225Mbps

送信最大25Mbps
1枚
3GB 972円 1,630円 3GB/月 受信最大225Mbps

送信最大25Mbps
1枚
5GB 1,706円 2,365円 5GB/月 受信最大225Mbps

送信最大25Mbps
1枚
10GB 2,721円 3,380円 10GB/月 受信最大225Mbps

送信最大25Mbps
1枚

mineo
ドコモプラン(Dプラン)

月額料金
シングルタイプ
データ通信専用SIM

月額料金
デュアルタイプ
音声対応SIM

高速通信容量

通信速度

SIM枚数

500MB 756円 1,512円 500MB/月 受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
1枚
1GB 864円 1,620円 1GB/月 受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
1枚
3GB 972円 1,728円 3GB/月 受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
1枚
5GB 1,706円 2,462円 5GB/月 受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
1枚
10GB 2,721円 3,477円 10GB/月 受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
1枚


公式サイト:mineo

FREETEL SIM

プラスワン・マーケティングが提供する「FREETEL」ブランドのSIMフリースマホがお得にセット購入できるフリーテルSIM。月額料金も安く、2016年の速度は評判が良好です。

FREETEL SIM

月額料金
データ専用

月額料金
データ専用+SMS

月額料金
音声通話付き

高速通信容量

通信速度

SIM枚数

使った分だけ安心プラン 322円 474円 1,078円 ~100MB/月 下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
538円 690円 1,294円 ~1GB/月 下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
972円 1,123円 1,728円 ~3GB/月 下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
1,641円 1,792円 2,397円 ~5GB/月 下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
2,311円 2,462円 3,067円 ~8GB/月 下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
2,667円 2,818円 3,423円 ~10GB/月 下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
定額プラン(1GB) 538円 690円 1,294円 1GB/月 下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
定額プラン(3GB) 972円 1,123円 1,728円 3GB/月 下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
定額プラン(5GB) 1,641円 1,792円 2,397円 5GB/月 下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
定額プラン(10GB) 2,667円 2,818円 3,423円 10GB/月 下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
定額プラン(20GB) 5,259円 5,410円 6,015円 20GB/月 下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚


公式サイト:FREETEL

SIMロック解除と白ロム・まとめ

中古購入することによって本体代金を節約することのできる白ロム端末ですが、SIMロック解除の条件がキャリアに異なることや100%安全でないこともあるので、できればMVNOでセット購入したほうが安心です。

他にもおすすめの格安SIMをセット販売しているMVNOは多くあるので、下記の「SIMチェンジプラン診断」からまとめて比較してみましょう。





コメントを残す