Yahoo!初の自治体連携、ヤフオク!を利用したサバオク – ECのミカタ

Home » リデュース » Yahoo!初の自治体連携、ヤフオク!を利用したサバオク – ECのミカタ
リデュース コメントはまだありません

サバオク ~街をあげてのリユース大作戦~(福井県鯖江市)

 ヤフー株式会社(以下 Yahoo! JAPAN)と福井県鯖江市(以下 鯖江市)は、鯖江市における環境保全活動支援・地域活性化に関するリユース協定書に調印したと発表した。Yahoo! JAPANが自治体とリユース協定を結ぶのは、全国初となる。今回の取り組みでは、「ヤフオク」を利用した「サバオク ~街をあげてのリユース大作戦~」をはじめ、リユース(再利用)の促進を目的にした活動を進めていくという。

 リユース協定締結の背景には、鯖江市が取り組む環境基本計画において循環社会を構築するため、3R(リデュース[排出抑制]、リユース[再利用]、リサイクル[再生利用])を推進していることが挙げられる。今回は、ヤフオク!を活用し、リユース[再利用]をすることで、市民の環境保全に対する考えを醸成する狙いだ。

 また「サバオク」ではヤフオク!で市民の不用品を販売して生まれたお金で、子どもたちに対する環境教育活動を支援する「リユー ファンディング」を開催。その他、鯖江市民のリユースに関する啓発を目的とした「リユース講座」の開催や「Yahoo!官公庁オークション」による「公有財産売却」を紹介していくという。

 ヤフオク!で行われている取引はオークションという特性上、ただの不要品取引ではなく、出品する側、購入する側の双方が商品の価値を高く評価しての取引が多い傾向にある。今回の鯖江市との取り組みは、地域、市民と協力して行うという意味で、価値ある商品の取引にさらに付加価値を添えるものとなるのではないだろうか。

【Yahoo!JAPANが取り組むリユース活動はほかにも・・・】

・ヤフー、リユースで新境地〜ヤフオク!が喝采を受ける理由

 →https://ecnomikata.com/ecnews/7228/

・食品廃棄642万tの実態!一石を投じるYahoo!の施策

 →https://ecnomikata.com/ecnews/8172/

コメントを残す