トラの剥製を出品疑い 古物商経営者を書類送検 – 産経ニュース

Home » 古物商 » トラの剥製を出品疑い 古物商経営者を書類送検 – 産経ニュース
古物商 コメントはまだありません



2016.6.28のニュース

ニュース


dly1606280020




 ワシントン条約で絶滅危惧種に指定されているトラの剥製などをインターネットオークションに出品したとして、警視庁四谷署は28日、種の保存法違反(販売目的陳列)の疑いで、京都市の古物商の男性経営者(65)=同市=と男性社員(67)=京都府長岡京市=を書類送検した。

 四谷署によると、トラの剥製は体長約2メートル。880万円で出品したが、落札者はなかった。

 送検容疑は1~3月、無登録でベンガルトラの剥製とヒョウの毛皮のコートをオークションに出品し陳列した疑い。

 経営者はそれぞれ数十年前に買ったと説明。2人は容疑を認め「登録が必要と知っていたが、金になると思い出品してしまった」と供述している。






コメントを残す