造幣局展示の金塊15キロ盗んだ疑い 職員を逮捕 – 朝日新聞

Home » 質屋 » 造幣局展示の金塊15キロ盗んだ疑い 職員を逮捕 – 朝日新聞
質屋 コメントはまだありません



 造幣局の展示施設「造幣東京博物館」(東京都豊島区)で展示していた重さ約15キロの金塊(約6384万円相当)を盗んだとして、埼玉県警は造幣局東京支局総務課専門官の梅野穣(ゆたか)容疑者(54)=さいたま市西区=を窃盗の疑いで逮捕し、20日発表した。「外国為替証拠金取引(FX)での損失の補塡(ほてん)のためにやった」と容疑を認めているという。

 捜査3課によると、梅野容疑者は今年1月5日、総務課の部下の職員に金塊(縦約20センチ、横約10センチ、高さ約6センチ)を展示ケースから出させ、盗んだ疑いがある。「仕事で必要なため」とうその説明をしていたという。梅野容疑者が返却しないことを不審に思った職員が上司に相談して発覚。金塊はさいたま市内の質屋に預けられているのが見つかった。

 造幣局によると、金塊は教育目的で外部団体などに貸し出すこともあるが、今回は内規で定められた手続きが取られていなかった。持ち出された後はレプリカを展示していた。造幣局は「捜査に全面的に協力し、再発防止に尽くす」とコメントしている。





コメントを残す