造幣局の梅野穣職員、金塊15キロ・6300万円相当盗み逮捕 – クリスチャントゥデイ

Home » 質屋 » 造幣局の梅野穣職員、金塊15キロ・6300万円相当盗み逮捕 – クリスチャントゥデイ
質屋 コメントはまだありません



※ 写真はイメージです。(写真:Agnico-Eagle)

– 広告 –

造幣局が保管していた重さ約15キロの金塊(約6300万円相当)を盗んだとして、造幣局東京支局の職員・梅野穣容疑者(54)=さいたま市西区=が20日、窃盗容疑で逮捕された。共同通信などが伝えた。

同通信によると、梅野容疑者は今年1月5日午後4時半ごろ、造幣東京博物館(東京都豊島区)に保管されていた金塊約15キロを盗んだ疑いが持たれている。梅野容疑者は、外国為替証拠金取引(FX)で出た損失の穴埋めのために盗んだと話しているという。

日本テレビによると、梅野容疑者は広報活動などを担当しており、他の職員に「仕事で使う」と話し、金塊を持ち出していたが、6月になっても返却されていないことが判明。警察に連絡したところ、今回の逮捕に至ったという。盗まれたのは金塊1つで、梅野容疑者は質屋に売ったと話している。

造幣局のホームページによると、造幣東京博物館は造幣局東京支局の構内に設置されており、貨幣、勲章などの製造工程の紹介や、古銭、記念貨幣、勲章など約1000点を展示している。

一方、東京支局が10月にさいたま市大宮区へ移転するのに伴い、同博物館は6月末で閉館する。移転先のさいたま市では、10月に開館する予定。





コメントを残す