格安スマホ台頭ともに、需要拡大の中古スマホ 小型iPhoneは6月が狙い目か – livedoor

Home » ショップ » スマホ・携帯・白ロム » 格安スマホ台頭ともに、需要拡大の中古スマホ 小型iPhoneは6月が狙い目か – livedoor
スマホ・携帯・白ロム コメントはまだありません

格安スマホの台頭ともに、需要が大きくなってきたのが「中古スマホ」である。
新品では10万円近い値段だったスマホが、安価に購入できるとあって、中古スマホの価格を毎月チェックする人も多い。それもそのはず、中古スマホは、新品とは異なり、月単位での価格の変動が大きいからだ。

最新の中古スマホランキングでは、まさに、その定説通り、なんと大異変が起きたのだ。

iPhone 5sがトップ3を独占
株式会社ウェイブダッシュは、中古スマホサイト「ムスビー」内にて、最新の中古スマホランキングを発表した。
今回のランキングで注目したいのは、「iPhone 5s」だ。
なんと、ドコモ・au・ソフトバンクのiPhone 5sが1位〜3位を独占しているのだ。

iPhone SEが発売されたのを受けて、同じサイズかつ手ごろな価格で手に入るiPhone 5sに人気が集中しているといえる結果なのだ。
iPhoneの中でも、安価に入手できるのも、iPhone 5sの大きな特徴だ。
・ドコモ版iPhone 5s 平均価格2万8429円
・au版iPhone 5s 平均価格1万7424円
・ソフトバンク版iPhone 5s 平均価格1万6745円

となっている。

大半の格安SIMがそのまま利用できるドコモ版iPhone 5sだけが、2万円台後半となっている。
しかし、au版とソフトバンク版は、1万円台後半と、「激安」と言っても過言ではない値段になっているのだ。

iPhone 5sをiPad Touchのかわりとして、Wi-Fiで運用するのであれば、なにもドコモ版にこだわる必要はない。
そのため、より手ごろな価格のiPhone 5sに人気が集中しているとも考えられる。

もうひとつ注目したいのは、「iPhone 6」の存在だ。
こちらも、ドコモ版こそ4万円台後半だが、auとソフトバンク版は3万円台となっている。
性能も良く、割安、そして最新OSも当然使えるとあり、全てのキャリア版がトップ10入りしているのだ。

●最新ランキングはiPhone旋風
それではあらためて最新中古スマホランキングをチェックしてみよう。

1位(前回2位) iPhone 5s(ドコモ)
 平均価格:2万8429円
2位(前回6位) iPhone 5s(au)
 平均価格:1万7424円
3位(前回4位) iPhone 5s(ソフトバンク)
 平均価格:1万6745円
4位(前回1位) iPhone 6(ドコモ)
 平均価格:4万8274円
5位(前回5位) iPhone 6s(ドコモ)
 平均価格:7万3958円
6位(前回10位) Xperia Z4 SOV31(au)
 平均価格:3万5155円
7位(前回3位) Xperia Z5 SO-01H(ドコモ)
 平均価格:6万8232円
8位(前回9位) iPhone 6(au)
 平均価格:3万8459円
9位(前回15位) iPhone 6(ソフトバンク)
 平均価格:3万5832円
10位(前回8位) Galaxy S6 SC-05G(ドコモ)
 平均価格:4万2326円
という結果となった。

トップ10のうち、7モデルがiPhoneとなっている。
それも、iPhone 5sとiPhone 6で6モデルと、激安iPhoneに集中しているのだ。
つまり、現在の中古市場は、小型iPhoneが非常に強く、人気がある。

とはいえ、これから各キャリアの夏モデルがぞくぞく登場、発売されてくる。
そうなれば、最新モデルへの機種変更などに合わせて、「Xperia」や「Galaxy」が中古市場に多く流出してくる可能性が高い。

そうなれば、来月は、安いAndroidスマホに中古市場は移行するかもしれない。
それとも小型iPhone旋風が継続するのか?

来月以降の中古スマホランキングも見逃せないが、小型iPhone を購入するなら今月が狙い目なことは間違いなさそうだ。

2016年5月 ムスビー白ロム・中古携帯/スマートフォン ランキング

布施 繁樹

コメントを残す