大黒屋が中国へ! なぜ中国最大の金融グループと提携できたのか – ブランド中古品リサイクル世界一へ挑戦 – BLOGOS

Home » 質屋 » 大黒屋が中国へ! なぜ中国最大の金融グループと提携できたのか – ブランド中古品リサイクル世界一へ挑戦 – BLOGOS
質屋 コメントはまだありません



ジャーナリスト 松崎隆司=文

大黒屋が中国最大の金融グループと提携

――中国最大の金融グループCITICの質屋事業会社と中古ブランド品売買や質事業を展開する大黒屋を子会社にもつアジアグロースキャピタルが提携したのは、どのような経緯だったのですか。

1990年代、私は香港メインボードの上場企業「ファー・イースト・コンソーシアム・インターナショナル・リミテッド」の社長をしていたのですが、その時期からの友人であり、当社の役員を延べ10年以上お願いしているローレンス・シンという中国人が今回の提携のキーパーソンです。シンさんは太子党の流れをくむ人でヤオハンインターナショナルの副会長も経験し、中国政府や国営企業のCITICグループの上層部に友人が多いんです。


小川浩平・アジアグロースキャピタル社長

CITICはご存知のように中国最大の金融グループで、その傘下には銀行、証券と並んで、CITIC XINBANG ASSET MANAGEMENT CORPORATION LTD.(CXB)という会社があります。中国もここ数年で急激に経済成長して豊かになり、中国人が世界中で海外の高級ブランドを買い集め、潜在的なリユースの市場が出来上がっているのです。そのような中でCXBは中古ブランド品の売買事業を質屋の事業の延長として本格的にやりたいということでノウハウを持っているところを探していて、シンさん経由で私どものところに話がきました。私は昨年9月にCXBの代表であるリュウさんと会って、すぐに決まりました。最後に調印式で行ったときに食事に呼ばれて言われたのは、シンさんは現在トップに立つ上の世代を知っているということです。私も同じ時期に香港にいましたから同じような人たちを知っているのです。本当に縁だと思います。

――日本企業と中国企業との合弁は難しく、多くの日本企業がこれまでに撤退してきています。

CXBはすでに市場調査やフィージビリティ・スタディなどをやっていて、私どもに声をかけてきました。中国も最近では企業買収などグローバルな金融取引を数多く手掛けているので、契約書ひとつをとってもみてもグローバル対応がきちんとできています。また、CITICのマネージメントの多くは海外の留学経験および海外企業との事業経験を持ち、日本以上のグローバル化をしていると感じています。彼らはすでに質屋事業を中国国内で20数店舗、展開しています。撤退ということは考えにくいと思います。契約は30年間の合弁契約で、5年間は同業他社とは組まないという条件になっています。

中国市場はブランド品の宝の山

――今後中国以外の地域にも展開していくのでしょうか。

相手次第なので何ともいえませんが、すでに欧州の拠点としてイギリスでも質金融などでは展開しています。さらに今後は中国以外のアジア、例えばタイなどにも事業展開するということも考えられます。


大黒屋が中国市場で事業を展開する。

質屋はお金を貸す、リユースは中古品を買うという違いがあるにしても、お客様から見ると、「お金を借りるか」「売るか」の違いで、いずれにせよ、現金化を望まれる方がくるわけです。私たちはお客様がきたら、「お預かりしますか」「お買い取りしますか」と聞きます。借りることと売ることは延長線上にあるわけなんです。ブランド品の売買を質屋業に付加しているメジャープレーヤーは世界中でうちだけなんです。ブランド品を適切に評価するノウハウがないのと、値付けができないからです。そしてこの仕事は何よりも取り扱う商品のボリュームというものが大切なんです。商いのボリュームが出てこないとビジネスになりません。

――CXBと組むメリットは何ですか。

意思決定にしても行動力にしても、日本と比べて早いんですよ。IT開発しましょうといったら、もうすぐにやっているんです。彼らはオペレーションが弱いんですが、そこは日本人の得意分野。だから我々の得意なものとスピード感のあるCXBが組んだ方が早く海外でも展開できるんじゃないかと思っています。

最初は単独での中国進出も考えていました。小売業は外国企業でもできるのですが、質業は金融業なので外資単独ではダメ。中古品の売買は国内外の企業では税率が違うし、地方の税務当局の許可も取らなければならない。盗品の流通を防ぐため、公安ともパイプを作らなければならない。だから日本人だけではできません。CXBと組んでいれば何でもやってくれる。

さらにこれは結果論ですが、店舗も見つけてくれるし、商品もそろえてくれますから、非常によかったと思っています。CXBのすごいところは「あなたのやりたいことは全部いいなさい」といって全部やってくれる、主役は私たちなのです。ただ利益の半分はもっていかれますがね(笑)。人材は日本から2人を連れて行き、あとは中国人を採用しますが、それもCXBが全部やってくれます。

――中国の市場規模はどのくらいなのですか。

世界のブランドの45%を中国人が持っています。中国で所有しているブランドは3000億人民元(約6兆円)ぐらいです。実際に売買されている中古品が50億人民元(約1000億円)ぐらいです。

こうした事業を中国でやっているのはまだ私たちだけです。競合する企業はまだありません。日本人が所有しているブランドは2000億円から3000億円と言われていますから、約6兆円の市場がある中国はケタが違います。考えてみれば、過去10年間で中国人は世界中からブランド品を買っている。結果的にそうなってしまったんだと思います。そのうち貴金属などは質に入れたり、ネット取引などで1000億円ぐらいが売買されているわけです。そこにブランド品の流通市場を作れば、すごい市場が出来上がると思います。

――彼らは大黒屋に何を求めているのですか。

商品の鑑定と商品の値段を決める値付けです。日本で鑑定された商品は「チェックド・イン・ジャパン」と呼ばれて信頼されています。さらにビジネスを立ち上げる力を求めています。大連の店舗などを見せてもらいましたが、彼らはうちの店舗のような店づくりをやってほしいようです。彼らとはリスクの考え方が非常に似ています。最初に店を出しても極力リスクを抑えるとか、在庫回転率を高めてできるだけリスクをヘッジするとか、展開はゆっくりやりましょうとかね。

――5年10年たったら相手もノウハウを取得していきますから、提携そのものの意味はなくなってしってしまうのではないでしょうか。

それはしょうがないと思います。ただ、5年間は競合と組むことはやめてほしいと条件を出しています。中国でいろいろやりたいことがありますが、まずはこのCXBの仕事を仕上げることが重要だと思っています。





コメントを残す