戸畑質屋協同組合が破産手続開始 – 東京経済株式会社

Home » 質屋 » 戸畑質屋協同組合が破産手続開始 – 東京経済株式会社
質屋 コメントはまだありません



16.4.14戸畑質屋(協組)4月1日に弁護士に負債の整理を委任していた戸畑質屋協同組合(北九州市戸畑区旭町)が、5月11日に福岡地裁小倉支部より破産手続開始決定を受けた。

組合が発足したのは、昭和39年9月。かつては、戸畑区内に50件内外の質店が存在し、昭和58年3月まで組合員による出資総口数は5,500口(1口=2,000円)増加し、出資総額は1,100万円までに達していた。しかし、時代の変化で質屋のニーズが縮小する中、徐々に質店が減少。同組合の機能を発揮することが困難となっていた。

業界関係者によると「現在、戸畑地区で営業を継続している質店は2件ほどになった。かつて、小倉北区には80件以上の店舗があったが、今は5、6件までに減っている。昔ながらの形態で存続させていくのは難しいが、業界の高齢化が進む中で、新規事業への参入も困難」と質屋業界の盛衰を語っている。

※詳細記事は、4月18日の東経情報九州版に掲載。






コメントを残す