【コレクター直伝】映画フィギュアの賢い集め方ノウハウ ~HOTTOYS編~ – ORIVER cinema (ブログ)

Home » ショップ » フィギュア » 【コレクター直伝】映画フィギュアの賢い集め方ノウハウ ~HOTTOYS編~ – ORIVER cinema (ブログ)
フィギュア コメントはまだありません

好きになった映画の関連グッズを集めるのって、楽しいですよね?『それ集めて何になるの?』なんて、よく後ろ指さされちゃいますが、そんな心無い発言には名作映画『桐島部活やめるってよ』に登場した映画部前田君の「好きな映画とつながっているような気がするから」という名言を慎んでお返します。

今回、ご紹介するのは映画グッズ、特に映画フィギュアの世界において、現在ほぼ1強と言ってもいい地位を築いている(あくまで日本国内のみに限った話です)香港メーカー『HOTTOYS』の、『ムービーマスターピース』シリーズ集め方について、です。
現在公開中の『バットマンVSスーパーマン』や『シビルウォー』をTOHOシネマ系列のシネコンでご覧になった方は入場時に手渡されたフライヤーに、本物と見紛うばかりの精巧なHOTTOYS製アイアンマンやバットマンの広告が載っているのを目にされたのではないでしょうか。もちろん、そのフィギュアの完成度に驚かれた方も多いと思いますが、何よりその価格が高額であることに吃驚されると思います。

HOTTOYSのムービーマスターピース(以下MMP)の国内希望小売価格は、年々高騰を続け、3、4年前は2万円台前半の商品が多かったのですが、現在は29,000円から39,000円の商品がほとんどとなっています。近日発売予定のハルクバスターなんかは定価が10万円を超えていて、最早コレクタブルトイの域を遥かに超えた価格と言わざるを得ず、これを馬鹿正直に定価で購入し続けるには、よほどの高収入と忍耐力が必要となってきます。使える小遣いには限りがあり、あくまで適法の範囲で安く購入したいという思想のもと、筆者のノウハウを下記に列挙します。

Amazon.co.jpはHOTTOYSの正規取扱代理店です。HOTTOYSの販売店というと国内唯一のHOTTOYS直営ショップである原宿の『トイサピエンス』が最も有名で、そちらでもネット通販はできますが、直営だけに発売前の予約期間(大体15%割引の時期と、10%割引の2段階)を過ぎたものは、希望小売価格での販売が原則になってしまっています。(そのかわり直営店ならではの思い切ったセールもあるので、お得意様になるメリットもあります)。
Amazonでは、発売日を過ぎた商品に、大幅な割引価格が適用されていることも多いので、発売済みの『新品』を安く手に入れることができます。(アイアンマン3のアーマーは、限定商品でもない限り値崩れすることが多いです)
また、商品価格の付き方で、探している商品の『レア度』をある程度掴むことができます。該当の商品が希望小売価格を大きく上回る価格設定をされていれば、その商品の『レア度』は高いということになります。
ここで注意しておいた方が良いのは、この『レア度』は、単純に市場に出回っている数が少ない、というだけの場合が多く、必ずしも『人気』が高いということではありません。
Amazonの価格は株価のように日々変動します。提携ストアから中古の良い出物がある場合も多いです。探している商品があるときは、Amazonを辛抱強くチェックし、価格の趨勢を把握することをお勧めします。

当たり前のことですが、大ヒット映画の公開中は、その映画関連のMMPの需要もその人気に合わせて増加します。またスターウォーズエピソード7のように、世界で一斉に劇場公開されるならばともかく、日本公開はまだでも、アメリカや世界では公開済みでヒットしている、ということになるとMMPの需要(予約購入数)は劇場公開を待たずしてジワジワ上がってしまいます。(近日公開予定のデッドプールがいい例です)。
MMPは、人気商品となると必ず完売しますので、こうなると希望小売価格より安く手に入れるのは至難の業です。HOTTOYSは2016年5月現在スターウォーズ、エイリアン、プレデター、DCEU、MCU等、フィギュアが欲しくなるようなハリウッド映画のほとんどの版権を保有しています。新作劇場映画の公開時期をちゃんと調べておき、どう考えても人気が出そうなものは予約購入しておくこと、逆に人気が伸びなさそうな商品を急いで定価に近い値段で買わない事(後のAmazon他で安く買えるかも)、またHOTTOYSは時々、スケジュールにない商品を電撃発表したりもします。割引で買おうが高額な商品ですので、ある程度この時期にこのキャラの商品が発売されるはず、という予想を立てておくことも、堅実なコレクターライフには重要な事です。

ヤフオクをはじめとする個人オークションサイトは有効に用いれば、発売から日が経っているMMPを手に入れるのに便利です。多くの場合『中古』ということになりますが、MMPは高価なので大切に扱われている場合が多く、箱に入ったまま保管されていたり、暗所でガラスケース内に展示されていただけ、という『新品同様』の商品も多数出品されています。もちろん、出品者の過去の取引状況や評価をチェックすることは必須で、これを怠ると痛い目に遭うこともあります。
上記『Amazon』の項で、『レア度』について触れましたが、Amazonでは高額設定になってしまっている『発売から年数がたっており、正規取扱店に在庫がなく、中古市場に出回っているタマ数は少ないが、人気はそもそもない商品』を安く手に入れるのであれば、この手段しかありません。個人の方が出品されていることが殆どで、売れないと困る事情も、店舗運営とは異なります。コレクションを充実させるのであれば避けて通れない道と言えるでしょう。

書いていてなんだかコレクターの方々にとっては常識であることばかりな気がしてきましたが、いかがでしたでしょうか。ご参考に少しでもなれば幸いです。お財布に無理をせず、楽しい収集生活を送りましょう。

Eyecatch Image:http://www.slashfilm.com/guardians-of-the-galaxy-easter-eggs/2/

コメントを残す