ツインリンクもてぎ、4月2日~3日に「スーパー耐久シリーズ 2016 第1戦 もてぎ5時間耐久レース」開催 – Car Watch

Home » ショップ » 金券・チケット » ツインリンクもてぎ、4月2日~3日に「スーパー耐久シリーズ 2016 第1戦 もてぎ5時間耐久レース」開催 – Car Watch
金券・チケット コメントはまだありません

2015年のスーパー耐久シリーズ開幕戦のスタートシーン

 ツーリングカーを利用した耐久レースとなるスーパー耐久シリーズは、今週末の4月2日~3日に、栃木県茂木町にあるツインリンクもてぎにおいて2016年シーズンの開幕戦を迎える。

 スーパー耐久は、FIA GT3というレーシングカーと、わずかに改造することが許された市販車が混走するというレースで、その市販車クラスも5つのクラスに分かれており、BMW Z4のようなハイエンドなスポーツカーから、トヨタ 86などのライトウェイトのスポーツカー、さらにはヴィッツやフィットといったエントリークラスのハッチバック車までが同じコース上を走る“異種格闘技戦”的なレースとなっている。

 ツインリンクもてぎで行なわれる開幕戦には、全クラス合わせて62台がエントリー。異なるクラスの車両が混走することで、サーキット全体にわたって車両が走っている状況が現出することもあり、通なユーザーに人気のレースとなっている。また、出走するドライバーもプロドライバーだけでなく、いわゆる“ジェントルマンドライバー”も混在する形になっているが、とくに上位クラスとなるFIA GT3車両で争われる「ST-Xクラス」には、SUPER GTにもエントリーしているような人気のドライバーが多数参戦している。また、SUPER GTでの参戦を引退して今年から監督として活躍することになった脇坂寿一氏が、スーパー耐久では引き続き“脇坂寿一選手”として参戦している点も要注目のレースだ。

ST-4クラス、ST-5クラスのスタートシーン。速度域が異なる6クラスのマシンが混走する“異種格闘技戦”的なレースだ

6つのクラスに分かれており、コース上のいたるところでバトルが展開!

 スーパー耐久では、現時点では車両クラスによって上から「ST-X」「ST-1」「ST-2」「ST-3」「ST-4」「ST-5」という6つに分かれる規定になっている。

ST-X

FIA GT3規定の車両により争われるクラス。FIA GT3は中古市場もすでに成立しており、世界中のGT3レースから安価に中古車を購入できるようになったこともあり、近年は支持を高めて参加台数が増加傾向にある。日産自動車 GT-R NISMO GT3、メルセデス・ベンツ SLS AMG GT3、BMW Z4 GT3、アウディ R8 LMS ultra、フェラーリ 458 GT3、マクラーレン 650S GT3などがエントリーしている。

ST-1

従来はスーパー耐久の最上位クラスだったが、現在はST-Xクラスができたことから参加台数は減少傾向にある。エンジン排気量3501cc以上のクラスという大排気量の車両が参戦できる。BMW Z4M クーペとポルシェ 991 GT3 Cupの各1台がエントリー。

ST-2

排気量2001~3500ccまでの4輪駆動車がエントリーできるクラス。三菱自動車工業のランエボIX&Xとスバル(富士重工業)のWRX STIがエントリーしており、4輪駆動車同士の熱い戦いが繰り広げられる。

ST-3

排気量2001~3500ccまでの2輪駆動車がエントリーできるクラス。日産のフェアレディZ、レクサス(トヨタ自動車)RC350、トヨタ マークXなどがエントリーしている

ST-4

排気量2000cc以下の車両により争われるクラス。本田技研工業 シビック TYPE R、トヨタ 86、スバル BRZ、ホンダ S2000、マツダ ロードスター(NC)など参戦車種が最もバラエティに富んでおり、台数自体も最多となるクラスだ。ちなみに、脇坂寿一選手がエントリーしているのはこのST-4クラスで、52号車のトヨタ 86に乗る予定。

ST-5

排気量1500cc以下の車両により争われるクラス。ST-4に次いで参加台数も多く、ホンダ フィット、トヨタ ヴィッツ、マツダ デミオ、マツダ ロードスター(ND)などにより争われる。

 このように、スーパー耐久はクラスも6クラスもあり、全クラス合わせると62台もの車両がエントリーしている。もちろん、レースによっては参加しない車両もあるため、必ず全車両が走るというわけではないが、現地に足を運んで見ていると、サーキットのどこにいても次から次へと車両がやってくる印象だ。とくに走っているクルマを撮影することが好きな人にとっては撮影チャンスが次々とやってくるので、非常に楽しいのではないだろうか。なお、参加車両のエントリーリストはツインリンクもてぎのWebサイト内で公開されている。

話題の86/BRZレースも同時開催。各種イベントも用意されている

2015年の86/BRZ Race プロフェッショナルシリーズのスタートシーン

 今回のスーパー耐久シーズン開幕戦は「GAZOO RACING 86/BRZ Race 2016 Rd.1」と併催になっている。GAZOO RACING 86/BRZ Raceはトヨタ 86、またはスバル BRZを利用して行なわれているワンメイクレースで、当初は1イベントで開催されていたが、参加台数が増えたこともあり、2015年からプロドライバー向けの「プロフェッショナルシリーズ」と、アマチュアドライバー向けの「クラブマンシリーズ」に分離して開催されるようになったほどの盛況だ。

 2016年もその2シリーズ制が継続されており、両シリーズで熱い戦いが繰り広げられることになりそうだ。なお、本誌でも執筆しているモータージャーナリストの橋本洋平氏も「TOKYO NEXT SPEED」というチーム名で引き続きクラブマンシリーズに参戦。悲願の初優勝とシリーズタイトルを狙っていくことになる。

 このほか、レース以外でも実にバラエティに富んだ各種イベントが計画されている。4月3日のピットウォーク開催中には、ロードコースで愛車に家族を乗せてレーシングコースをパレード走行できる「みんなでスーパー耐久ファミリーパレード」(観戦券のみで参加可能)、さらには決勝レースのスタート前に行なわれる「グリッドウォーク」(グリッドウォーク券ないしはファミリーパスポートセット券が必要)、4月2日の全スケジュール終了後には「コースウォーク」(観戦券のみで参加可能)が楽しめる。

 また、今回も“檄感エリア”と呼ばれるコースから近い観戦エリアが設定される予定となっている。1コーナーと5コーナーのイン側、5コーナーのアウト側が檄感エリアになり、VIPスイート、満喫セット券、パドックパスなどパドックに入場可能なチケットを持っている人が楽しめる。迫力のある写真を撮りたいといった場合にも要注目と言えるだろう。

 このほかにも複数のイベントが予定されていてすべては紹介しきれないので、詳しく網羅されているツインリンクもてぎのWebサイトの「イベント情報」を参照していただきたい。

レースマシンや選手などと身近に触れ合えるピットウォークなども連日実施

 なお、観戦チケットは2日間通しの前売り券(モビリティランドのWebサイトではすでに販売終了。プレイガイド、コンビニエンスストアでは4月2日まで、ツインリンクもてぎチケットセンターの窓口では4月1日17時まで販売)が、大人3600円、学割(高校生以上の学生)1800円、中学生以下の子供は無料(ただし大人の同伴が必要)となっている。自家用車で行く場合には別途駐車券(4輪1500円~3100円、2輪500円)が必要になる。

 このほか、ピットウォークパス、パドックパスなどは別売りになっているので、そうしたチケットが必要な場合には別途購入する必要がある。チケットの詳細については、ツインリンクもてぎのWebサイト内「チケット情報」を参照していただきたい。

コメントを残す