“ガールズの頂点”に輝いた現役中学生の新歌姫、「Ranzuki」専属モデル加入を発表 – BIGLOBEニュース

Home » ショップ » エアガン・モデルガン » “ガールズの頂点”に輝いた現役中学生の新歌姫、「Ranzuki」専属モデル加入を発表 – BIGLOBEニュース
エアガン・モデルガン コメントはまだありません





【モデルプレス】ファッションフェスタ「東京ガールズコレクション」(以下TGC)と「エイベックス・グループ」、インターネットサービス「Ameba」が、次世代のトップモデル・トップアーティストを発掘するオーディションプロジェクト「TOKYO GIRLS AUDITION 2015(TGA)」でエントリー数20,199名の中からアーティスト部門でグランプリを受賞をした和田優香(13)が、22日発売の雑誌「Ranzuki」2月より専属モデルとして加入することが発表された。

今回の専属モデルになったきっかけは、レコードメーカー16社、ファッション雑誌18誌が集結し、候補者に札上げを行う、TGAの第4次ドラフト審査。和田はアーティスト部門の候補者として出場していたが、モデル部門の札上げにて参加していた「Ranzuki」編集部が和田のパフォーマンスを見て、モデルとしての興味を持ち今回の経緯に至ったとのこと。

ドラフト時にはレコードメーカー14社から札が上がり、ドラフト参加者の中では最多でもあった彼女だが、普段は和歌山県の普通の学校に通う現役中学生。水遊びが好きで、ぬいぐるみを集めたりなど幼い面も見せる。特技は自撮りで、Twitterやブログでは彼女の自撮り写真が可愛いと同世代の女の子からも注目を集めている。

◆「夢が叶って嬉しい」

和田は「小学生の頃から専属モデルになりたいと思ってたので夢が叶って嬉しいです!将来は、アーティスト活動をしながらモデル、演技などいろんな場面で活躍できるようになりたいです。そして、みんなから注目される人になりたいです!!これからRanzuki専属モデルと胸を張って言えるように、そして、自分らしさを出せるよう精一杯頑張ります!」と意気込み、将来はアーティスト、モデル、そして演技にもチャレンジしたいと宣言。今後、モデルとしての活動を本格的にスタートさせる。

「Ranzuki」は有名モデルを数々排出しており歴代モデルは、鈴木あや、宮城舞、安井レイ、山本優希など現在も活躍しているモデルも多い。また、和田は2016年3月19日(土)に国立代々木競技場第一体育館にて行われる「東京ガールズコレクション 2016S/S」への出演も決定している。(modelpress編集部)

■和田優香(わだゆうか)プロフィール

生年月日:2002年3月17日
身長:156cm
サイズ:B/76 W/59 H/81 S/23.5
出身地:和歌山県
趣味:動画を見てヘアメイク研究
特技:ピアノ、自撮り

2009年、キッズファッション誌「maria」第5期専属モデルとして活躍。2009〜2012年には、東京トップキッズコレクション、JSガールフェステバル、RONIカタログモデル、そのほか、ブランドカタログモデルなど多数出演。2013年、Prizmmy☆の楽曲「BOY MEETS GIRL」のミュージックビデオに出演し、DREAM KIDS COLLECTIONにも出演(2014年も)。2014年、「KANSAI COLLECTION 2014 A/W」キービジュアルモデル・PARLISHのメンバーとして活動開始。2015年、「KANSAI COLLECTION 2014 A/W」Sサイズモデル、「a-nation stadium fes. resort stage」PARLISHユニット出演。「TOKYO GIRLS AUDITION 2015」アーティスト部門グランプリ受賞。12月22日発売の2月号より「Ranzuki」専属モデルとして活動をスタート。





コメントを残す