Apple Watchは純正品の充電器のみ ソフトウェアスタックを変更して制御 – livedoor

Home » ショップ » 厨房機器・調理器具 » Apple Watchは純正品の充電器のみ ソフトウェアスタックを変更して制御 – livedoor
厨房機器・調理器具 コメントはまだありません




 
Apple Watchのワイヤレス充電は、国際規格Qiに準拠しています。したがって本来であれば、サードパーティー製の充電器も使えるはずなのですが、なぜか対応しているのは、アップル純正品の充電器のみとなっています。一体なぜなのでしょうか。

Apple Watch側で制御していた

ニュースサイトThe Registerによれば、 Apple WatchではQiのバージョン1.1.2が利用されてはいるものの、ソフトウェアスタックが変更され、アップルの純正品しか受け付けないようになっているとのことです。
 
また、別のニュースサイトiPhone Hacksも、Apple Watchの純正充電器をその他のワイヤレス充電対応製品に流用することが出来ることから、サードパーティー製充電器で充電出来ないのはApple Watch側の問題だとしています。

「1,000円程度で済むのに」と批判の声も

Amazonなどのネットショップを利用すれば、安いもので1,000円前後から購入できるQi規格のワイヤレス充電器ですが、新たにアップルから発売されたApple Watch用の充電器「Apple Watch磁気充電ドック(Apple Watch Magnetic Charging Dock)」は、税別で9,500円もします。
 
もちろんこの価格には、開発費や販促費などさまざまなコストが含まれているため、高額だからといって一概にアップルを非難することは出来ません。しかし、安価なサードパーティー製の充電器が使えず、高額な純正品を買うしか選択肢のない状況に、疑問を呈する声があることも事実です。
 
ただ今年に入ってから、アップルはサードパーティー製アクセサリに対するコントロールを一層強めており、今回の仕様もそういった流れの1つとして位置づけ可能ということでしょう。
 
 
Source:iPhone Hacks,The Register
(kihachi)





コメントを残す